金刀比羅神社 (徳島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金刀比羅神社
Kotohira Shrine and Seimi Mt.jpeg
所在地 徳島県徳島市勢見町1丁目1
位置 北緯34度3分38.85秒
東経134度32分46.68秒
座標: 北緯34度3分38.85秒 東経134度32分46.68秒
主祭神 大物主命
例祭 11月10日
テンプレートを表示

金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)は、徳島県徳島市勢見町に鎮座する神社眉山麓に位置する。徳島県下三金刀比羅(徳島市川内町宮島、鳴門市撫養町木津)の一つ。勢見のこんぴらさんとして親しまれている。

境内には日本最大の大石灯籠(10.24m)がありとくしま市民遺産に選定されている。

歴史[編集]

元和2年(1616年)に蜂須賀家政阿波国に入国後、徳島城府の鎮府として勝占町から移された。近隣にある勢見山は、源義経屋島へ向かうために勝浦に上陸し、軍勢を見たことに由来しており、本来は勝占神社の鎮座する鉢伏山のことだが遷座と供に山名も移ってきた。

明治18年(1885年)から同25年(1892年)まで、国幣中社忌部神社が仮鎮座したことがある。なお、その経緯は忌部神社の項目を参照されたい。

大鳥居は寛政3年(1791年)に築かれ、大鳥居のしめ縄は徳島県下一である。

祭神[編集]

摂社[編集]

  • 皇大神社
  • 天神社
  • 興津神社

市中五社[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]