この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

野々村聡子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野々村 聡子
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗広島県
生年月日 (1987-07-23) 1987年7月23日(31歳)
身長
体重
164 cm
53 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 2009 外野手3巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

野々村 聡子(ののむら さとこ、1987年7月23日 - )は、日本の元女子プロ野球選手で女子硬式野球の指導者。広島県出身。夫は、元プロ野球選手の鈴木将光

経歴

広島県出身。小学校の時に広島市民球場でカープの試合を見たのがきっかけで、野球を好きになる。福山誠之館高校では、ソフトボール部に所属。しかし、野球をやりたいという強い思いから、奈良教育大学に進学し、女子硬式野球クラブ大阪BLESSに所属した[1]。在学中は、大阪BLESSと大学の男子硬式野球部の練習に参加していた[2]

2009年日本女子プロ野球機構による第1回合同トライアウトを受験し合格、同年12月のドラフト会議で兵庫スイングスマイリーズから外野手3順目で指名され、加入が決定した。プロ1年目の2010年は、主に代走や守備固めで18試合に出場した。翌2011年は16試合に出場し、プロ初安打を記録する。しかし、同年12月13日、日本女子プロ野球機構より退団が発表され[3]、同月16日に、戦力外が理由であったことが発表された[4]。 退団後、地元に近い広島市にあるMSH医療専門学校に転校し、そこで女子硬式野球部を結成、監督となることが決まった[5]2016年11月に、元プロ野球選手の鈴木将光と結婚した。

プレースタイル・人物

  • ポジションは遊撃手でセーフティバントなど足を活かしたプレーが得意。
  • 他にも二塁手三塁手右翼手も務める。
  • 機構が福利厚生の一環として通学を強制していた専門学校ではチームトップの成績を残していたが、卒業前に戦力外通告を受け、強制的に退学させられた。ファンの中には、機構が卒業まで保証する約束だったとし法的手段に出て戦力外通告を無効にしようとする動きもあったが、実現しなかった。
  • ニックネームは「のの」
  • 将来の夢は、学校の先生になって、広島で初の女子硬式野球部を作ることだった。
  • 大学の卒業論文のタイトルは「指導者の社会的勢力が高校女子野球選手の競技意欲に及ぼす影響」[6][リンク切れ]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2010 スマイリーズ 18 15 13 5 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 2 - 0 2 0 .000 .133 .000 .133
2011 16 8 7 4 1 0 0 0 1 0 1 1 0 0 1 - 0 2 0 .143 .250 .143 .393
JWBL:2年 34 23 20 9 1 0 0 0 1 0 2 1 0 0 3 - 0 4 0 .050 .174 .050 .224
  • 「-」は記録なし。

背番号

注釈

  1. ^ ♪30人のシンデレラ♪~兵庫スイングスマイリーズ No.11~”. 日本女子プロ野球機構 (2010年10月19日). 2012年1月3日閲覧。
  2. ^ “女子プロ野球に三原出身者”. 中国新聞. (2010年4月20日) 
  3. ^ 退団選手について”. 日本女子プロ野球機構 (2011年12月13日). 2012年1月3日閲覧。
  4. ^ 退団選手について12/16”. 日本女子プロ野球機構 (2011年12月16日). 2012年1月3日閲覧。
  5. ^ 元プロが女子野球部結成へ”. 日本女子プロ野球機構 (2011年12月13日). 2012年1月3日閲覧。
  6. ^ [元年のヒロイン]4 野々村聡子、夢は限りなく広がる

関連項目

外部リンク