都町 (大分市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 大分県 > 大分市 > 都町
都町
—  町丁  —
ジャングル公園
都町の位置(大分県内)
都町
都町
都町の位置
座標: 北緯33度14分25.28秒 東経131度36分16.18秒 / 北緯33.2403556度 東経131.6044944度 / 33.2403556; 131.6044944
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Oita Prefecture.svg 大分県
市町村 Flag of Oita, Oita.svg 大分市
地区 本庁地区
人口 (2013年(平成25年)11月30日現在)[1]
 - 計 694人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 870-0034
市外局番 097(大分MA)
ナンバープレート 大分
※座標はジャングル公園付近

都町(みやこまち)は、大分県大分市の地名。現行行政町名は都町一丁目から都町四丁目。郵便番号は870-0034(大分中央郵便局管区)。

地理[編集]

大分市中心部に位置する。大分市を代表する歓楽街である。北で千代町、東で県道511号大分港線を挟んで荷揚町、南で国道197号(昭和通り)を挟んで中央町、西で寿町に隣接する。地区内は、東から西に1-4 丁目に分かれる。多くの飲食店が集中する大分県を代表する歓楽街で、地元で「都町に行く」と言えば、酒を飲みに行くことを意味する。

歴史[編集]

かつては寺町と呼ばれ、1505年(永正2年)に創建された本宮山常妙寺などの寺が多くあった。常妙寺は近年まで町域内に残っていたが、1990年代前半に郊外に移転している。

ジャングル公園[編集]

都町のほぼ中央には、ジャングル公園が位置しており、飲食時の待ち合わせ場所、休憩場所として親しまれている。

この公園は1952年に完成したもので、当時は630種・700本の多数の樹木が植えられていた。その木々が鬱蒼と茂る様子から、近隣の子供たちにジャングル公園と呼ばれたことが名前の由来とされる。雑居ビルなどに囲まれたこの地区で緑あふれる空間は憩いの場となっていたが、その一方で、見通しが悪かったためしばしば犯罪行為が発生することが問題とされてきた[2]

そこで、1990年代に行われた大分市中心部の5つの公園のリニューアル事業の一環として、1996年に「光」をテーマに改良工事が行われ、名前の由来となった樹木が86本に減った一方、見通しの良いスペースにからくり時計、屋外ステージ、公衆便所等が設けられ、安全性は高まった[2]

交通[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典 44 大分県』角川書店、1980年1月

外部リンク[編集]