郡山西部サッカー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
郡山西部サッカー場
Koriyama West football Ground.jpg
施設情報
所在地 福島県郡山市大槻町字横山26
位置 北緯37度23分45.65秒
東経140度18分4.40秒
座標: 北緯37度23分45.65秒 東経140度18分4.40秒
所有者 郡山市
運用者 学校法人新潟総合学院FSGカレッジリーグ(指定管理者
使用チーム、大会
収容能力
3,722人(固定座席 2,722席)

郡山西部サッカー場(こおりやませいぶサッカーじょう)は福島県郡山市大槻町にあるサッカー場である。

概要[編集]

1995年に行われたふくしま国体のサッカー競技のメインスタジアムとして、1994年7月に開設された。

天皇杯の試合が開催されるほか、あらゆるカテゴリーにおいて、全国大会の県予選では、ほとんどの大会で会場として使用されている。2004年には、AFC U-17選手権も開催された。かつては、JFLで地元・郡山を本拠とした福島FC主管試合が開催されたほか、東京電力女子サッカー部マリーゼの一部ホームゲーム(メイン本拠地はJヴィレッジ)も開催されていた。2012年6月24日、東日本大震災により休部したマリーゼの移管先となったベガルタ仙台レディースと、静岡県に拠点を移したJFAアカデミー福島によるチャレンジリーグ戦が開催された[1]

2013年には福島ユナイテッドFCがホームゲームを1試合開催する予定だったものの積雪により中止となり、振り替え開催も別会場となった(福島市信夫ヶ丘競技場[2] ため、同チームの試合の開催はなくなった。現在はJリーグの開催をする場合、J3リーグでは最低で5,000人以上の座席を必要[3] とする規定があり、これに充足していないため、開催することは不可能となっており、福島Uの主催試合の開催は事実上幻となった。

また、隣には天然芝を備えたサブグラウンドがあり、クレーコートの大槻スポーツ広場が隣接している(共にスタンドなし)。

なお東北2部リーグ所属のノーザンピークス郡山のホームグラウンド西部スポーツ広場とは別施設で、自家用車で15分程度離れた場所にある。

2014年4月指定管理者が郡山市文化・学び振興公社から学校法人新潟総合学院FSGカレッジリーグへ変更となった[4]

施設[編集]

  • 収容人数 3,722人(メインスタンド 2,722席、他は芝生席)
  • 得点板

アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ プレナスチャレンジリーグ2012 第12節”. 日本女子サッカーリーグ. 2017年4月14日閲覧。
  2. ^ 第7節「福島ユナイテッドFC vs ホンダロックSC」試合の取り扱いについて”. 日本フットボールリーグ (2013年4月23日). 2013年5月18日閲覧。
  3. ^ 芝生席は原則として認めないが、安全面での精査が確認できた場合には座席と同等に認める場合がある
  4. ^ 西部地区体育施設(郡山市文化・学び振興公社)ウェブサイト閉鎖のお知らせ

外部リンク[編集]