那波加神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
那波加神社
那波加神社 社殿.JPG
本殿
所在地 滋賀県大津市苗鹿一丁目8-1
位置 北緯35度05分01.52秒
東経135度53分22.47秒
座標: 北緯35度05分01.52秒 東経135度53分22.47秒
主祭神 天太玉命
社格 式内社(小)
県社
創建 (伝)天智天皇7年(668年
本殿の様式 一間社流造
別名 苗鹿大明神
例祭 4月29日
テンプレートを表示
鳥居

那波加神社(なはかじんじゃ/なばかじんじゃ[1])は、滋賀県大津市にある神社式内社で、旧社格県社神紋は「苗を背負鹿」「三ツ巴」「抱茗荷[2]

祭神[編集]

主祭神

配神

明治時代まで、主祭神は宇賀御玉命とされていた。『特選神名牒』では、「苗鹿」という社名から稲の神・宇賀御玉命が附会されたものであろうとしている。

歴史[編集]

社伝によれば、祭神の天太玉命はこの地に降臨し太古から鎮座したという。老翁となった天太玉命の農事を助けるために、鹿が現れての苗を背負って運んだので「苗鹿(なはか/のうか)」という社名・地名になったと伝える。当社との関わりがうかがわれるものとして、周辺には苗鹿古墳群や法光寺古墳群なども残っている。天智天皇7年(668年)に社殿造営、大同2年(807年)に荒魂社が造営されたと伝える。

仁寿元年(851年)、小槻宿禰今雄雄琴荘を拝領して以降、当社と雄琴神社とが小槻氏の氏神とされ崇敬された。また、氏寺として建立した法光寺が当社別当寺となった。なお、法光寺境内には鎮守社として天神社があり木造男女神像(市指定文化財)が安置されているが、これらは当社の神体として作られたとする説がある[3]

延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳では近江国滋賀郡に「那波加神社」と記載され、式内社に列している。

円仁比叡山延暦寺の横川中堂を建立した際には、内陣柱を奉加した。このことも関係し、天台宗において法華経守護神である三十番神に第29番「苗鹿大明神」(本地仏阿弥陀如来)として列している。建武2年(1355年)には後醍醐天皇より勅使が差遣され、天下太平祈願がなされた。元亀2年(1571年)織田信長比叡山焼き討ちの際に社殿等を焼失し、慶長12年(1607年)再建された。

明治9年(1876年)10月近代社格制度において村社に列し、明治28年(1895年)1月に郷社に、明治35年(1902年)5月には県社に昇格した。

境内[編集]

「上の宮」と称される那波加荒魂神社に対し、本社は「下の宮」と称される。本殿は一間社流造で、間口五尺・奥行五尺。拝殿は入母屋造で、間口二間一尺・奥行二間一尺。

摂末社[編集]

那波加荒魂神社(上の宮)[編集]

那波加荒魂神社
那波加荒魂神社 社殿.JPG
社殿
所在地 滋賀県大津市苗鹿一丁目9-14
位置 北緯35度05分00.47秒
東経135度53分18.72秒
主祭神 那波加神社荒魂
社格 那波加神社末社
創建 大同2年(807年
本殿の様式 一間社流造
テンプレートを表示
  • 鎮座地:大津市苗鹿 - 本社近く。
  • 祭神:那波加神社荒魂
  • 創建:大同2年(807年

斎部宿禰広成が祭神の荒魂社を創建、別宮としたという。社殿は概ね本社と同じであるが、拝殿・神饌所・神輿庫はない。

社殿背後には盤石が残り、磐座信仰の名残を伝える。

その他[編集]

那波加神社境内

いずれも玉垣内に鎮座する。
  • 龍神社
  • 夷社
  • 宇賀社
  • 大将軍社

那波加荒魂神社境内

いずれも玉垣内に鎮座する。
  • 大炊社
  • 愛宕社
  • 須古社

主な祭事[編集]

  • 例祭 (4月29日
    上の宮を御旅所として、下の宮から神輿の渡御が行われる。

現地情報[編集]

所在地

  • 那波加神社(下の宮):滋賀県大津市苗鹿一丁目8-1
  • 那波加荒魂神社(上の宮):滋賀県大津市苗鹿一丁目9-14
    那波加神社と那波加荒魂神社とは徒歩すぐ。

交通アクセス

周辺

脚注[編集]

  1. ^ 「なはか」:滋賀県神社庁、「なばか」:『滋賀県の地名』・『日本の神々』。
  2. ^ 「苗を背負鹿」「三ツ巴」:滋賀県神社庁ホームページより。「抱茗荷」:実際に社殿に飾られている紋より。
  3. ^ 『日本の神々』那波加神社項。

参考文献[編集]

  • 谷川健一 編『日本の神々 -神社と聖地- 5 山城 近江』(白水社)那波加神社項
  • 算博士小槻今雄について(PDF)(田中延佳・田村三郎・吉田柳二、京都大学数理解析研究所講究録)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]