西村友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西村友
生誕 西村友(にしむら ゆう)
1966年昭和41年)5月8日
日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
教育 東京音楽大学
著名な実績 指揮作曲

西村 友(にしむら ゆう、1966年5月8日 - )は、日本の指揮者作曲家

人物・来歴[編集]

神奈川県鎌倉市生まれ。

県立高校を経て、東京音楽大学器楽科に入学。後に作曲・指揮者の道を志し転向する。指揮を紙谷一衛と松本紀久雄に、ピアノを鈴木かおりと渡辺真知子に、和声・作曲法を糀場富美子、服部京子、有馬礼子に、楽器法を山本孝にそれぞれ師事する。

日本を中心に指揮活動をしており、様々なオーケストラや吹奏楽団に客演する一方、ミュージカルオペラバレエと言った舞台作品も多く手がける。レコーディングも多く手がけ、またCM・TV・ラジオ等にも出演している。2003年には、サンクトペテルブルクで行われたプロコフィエフ国際指揮者コンクールで本選出場を果たした。2013年東京シティフィルとオルフ祝祭合唱団と共に文化庁芸術祭大賞を受賞。

2017年4月から2020年3月までOsaka Shion Wind Orchestraの正指揮者を務める[1]

近年作曲家としての活動も目を引くが、概して寡作家である(本人はブログの中で「作曲は仕事ではない」と述べている)。その作品は管弦楽、吹奏楽、室内楽、合唱や歌曲、と多岐にわたる。「銀河鉄道の夜」に代表されるようにミュージカル作品も作曲し、CMや放送音楽なども手掛けている。作風はドビュッシーに代表される「フランス印象派」の影響が認められる。また、ドビュッシーの他、ストラヴィンスキープロコフィエフデュティーユルトスワウスキー尹伊桑三善晃矢代秋雄西村朗、等への傾倒から、作風への影響を受けたと本人が前出のブログの中で告白している。

主な活動歴[編集]

他、オペラ指揮多数

他、ミュージカル指揮、音楽監督多数

脚注[編集]

  1. ^ 正指揮者 西村友氏ご退任のお知らせ”. Osaka Shion Wind Orchestra (2020年4月4日). 2020年7月5日閲覧。

外部リンク[編集]