蟹江駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蟹江駅
Kanie Station Aichi 2.jpg
駅舎(2021年令和3年)1月31日
かにえ
Kanie
CJ02 春田 (1.8 km)
(2.9 km) 永和 CJ04
愛知県海部郡蟹江町大字今字上六反田12
北緯35度8分31秒 東経136度47分38.3秒 / 北緯35.14194度 東経136.793972度 / 35.14194; 136.793972座標: 北緯35度8分31秒 東経136度47分38.3秒 / 北緯35.14194度 東経136.793972度 / 35.14194; 136.793972
駅番号 CJ  03 
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CJ 関西本線名古屋地区
キロ程 9.3 km(名古屋起点)
電報略号 カニ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,684人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1895年明治28年)5月24日
備考 業務委託駅
JR全線きっぷうりば
集中旅客サービスシステム導入駅[1]
サポートつき指定席券売機設置駅
テンプレートを表示

蟹江駅(かにええき)は、愛知県海部郡蟹江町大字今字上六反田にある、東海旅客鉄道(JR東海)関西本線である。近鉄蟹江駅との区分の為「JR蟹江駅」と呼ばれることが多い。駅番号CJ03

運行形態の詳細は「関西線 (名古屋地区)」を参照。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持ち列車交換が可能な橋上駅である。駅舎側(構内南側)の1番線が下り本線、構内北側の2番線が上り本線で、その間に非電化中線があり、主にJR貨物貨物列車の待避に用いられる。上下のホームは橋上駅舎内で連絡している。また駅舎の西側には、保線材料留置用の短い側線がある。

東海交通事業の職員が業務を担当する業務委託駅で、桑名駅が当駅を管理している[6]。駅舎内部にはJR全線きっぷうりば自動改札機3通路分、自動券売機1台(TOICA対応)ならびにTOICAチャージ機が置かれている。

2016年平成28年)9月時点では、駅の改札口は南北双方にあるものの、北口は始発から午前9時までのみで、その他の時間帯は南口のみが利用可能となっている[7]。北口は名古屋方面ホームの四日市方にある。なお、2021年1月31日より橋上駅舎及び自由通路の供用開始に伴い、これらの改札口は橋上駅舎へ統合されて廃止された[4]

2021年令和3年)2月1日より集中旅客サービスシステム使用開始に伴い、当駅には周辺駅へ出向く東海交通事業の係員が事務所に常駐[5][1]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 CJ 関西本線 下り 四日市松阪方面[注釈 1]
2 上り 名古屋方面[注釈 1]

駅周辺[編集]

駅北側は1997年平成9年)に市街化区域に指定されて区画整理事業が行われてマンションなどの建設が進んだことから、人口は事業化前の数十人から、2016年(平成28年)9月時点で約1,100人と急増している[7]。完成後は駅前広場、駅北側にはヨシヅヤJR蟹江駅前店が開店。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CJ 関西本線
快速「みえ」・快速
通過
区間快速
名古屋駅 (CJ00) - 蟹江駅 (CJ03) - 弥富駅 (CJ05)
普通
春田駅 (CJ02) - 蟹江駅 (CJ03) - 永和駅 (CJ04)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 駅構内の案内表記で、駅掲示用時刻表のPDFが使われているJR東海公式サイトで参照可能(2015年1月現在)[広報 1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “集中旅客サービスシステムの使用開始日について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2020年10月30日), オリジナルの2020年11月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201101020458/https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040841.pdf 2020年11月3日閲覧。 
  2. ^ JR時刻表1992年11月号・12月号
  3. ^ JR蟹江駅のご利用が変わりました!” (日本語). 蟹江町 (2019年2月4日). 2021年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月14日閲覧。
  4. ^ a b c “関西本線 蟹江駅 橋上駅舎及び自由通路の供用開始について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2020年12月11日), オリジナルの2020年12月11日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201211030814/https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040875.pdf 2020年12月11日閲覧。 
  5. ^ a b c “集中旅客サービスシステムの導入駅拡大について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2019年11月13日), オリジナルの2019年12月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191216122600/https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040137.pdf 2020年2月4日閲覧。 
  6. ^ 『東海旅客鉄道20年史』、732 - 733頁。
  7. ^ a b 酒井博章 (2016年9月27日). “蟹江駅 橋上整備へ協定 町とJR 20年度、南北通路も”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 尾張版 18 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ JR東海公式サイトの各駅の時刻表

関連項目[編集]