虫川大杉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
虫川大杉駅
駅舎(2004年7月18日)
駅舎(2004年7月18日)
むしがわおおすぎ
Mushigawaōsugi
(2.0km) うらがわら
所在地 新潟県上越市浦川原区虫川2033-2
所属事業者 北越急行
所属路線 ほくほく線
キロ程 44.8km(六日町起点)
電報略号 ムシ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
155人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1997年(平成9年)3月22日
テンプレートを表示
9両編成対応の1番ホーム

虫川大杉駅(むしがわおおすぎえき)は、新潟県上越市浦川原区虫川にある北越急行ほくほく線

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅。無人駅となっている。駅舎とホームは地下通路で連絡しており、通路入口に自動券売機が設置されている。線路は一線スルー方式で、当駅の場合は上下とも駅舎(南側)に面する1番ホームの発着が基本となっている。なお、1番ホームのみ9両編成対応なのは、2015年3月13日まで運行された「はくたか」の臨時停車や、冬季に運行された臨時列車シュプール号」の停車に対応していたためである。一方、2番ホームは2両編成のみに対応。

駅舎内の待合室には、自動販売機、公衆電話、トイレなどがある。駅前には路線バス専用ロータリー、駐車場などがある。

列車が通過する際には、かつて西武秩父駅で発車メロディーとして使用されていたメロディーが流れる(カンノ製)。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 ほくほく線 上り 十日町六日町方面
下り 犀潟直江津方面

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである(出典:上越市統計要覧)。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 133
2001 134
2002 129
2003 129
2004 125
2005 137
2006 136
2007 138
2008 144
2009 150
2010 150
2011 138
2012 149
2013 167
2014 165
2016 155

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

虫川の大スギ
(国の天然記念物
後背にほくほく線の高架橋。
  • 駅名は、近くの白山神社境内に立つ、国指定の天然記念物虫川の大スギ」に因む。

隣の駅[編集]

北越急行
ほくほく線
超快速「スノーラビット」(新井行のみ)
まつだい駅虫川大杉駅直江津駅
快速・普通
ほくほく大島駅 - 虫川大杉駅 - うらがわら駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]