苦楽園口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
苦楽園口駅
西口
西口
くらくえんぐち - Kurakuenguchi
HK-09 夙川 (0.9km)
(1.3km) 甲陽園 HK-30
所在地 兵庫県西宮市石刎町1番22号[1]
駅番号 HK-29
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 甲陽線
キロ程 0.9km(夙川起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
7,348人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1925年大正14年)3月8日[1]*
備考 * 駅としての開業日。前身として越木岩信号所が存在した。
テンプレートを表示
東口
ホーム

苦楽園口駅(くらくえんぐちえき)は、兵庫県西宮市石刎町にある、阪急電鉄甲陽線。駅番号はHK-29

歴史[編集]

甲陽線が開通した当初は信号所として開設され、のちに駅に昇格した経緯を持つ[1]。駅の開業に合わせて、駅前からは阪急初の直営バスが運行を開始し、阪急におけるバス事業の先駆けとなった[1]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する、交換設備を備えた地上駅である。駅舎(改札口)は甲陽園行きホーム甲陽園寄りに有人改札が、夙川行きホーム甲陽園寄りに定期券・カード専用の無人改札がある。互いのホームは地下道で連絡している。

トイレは夙川行きホーム中ほどに設置され、多機能トイレも併設されている。

のりば[編集]

(西側) 甲陽線(下り) 甲陽園行き
(東側) 甲陽線(上り) 夙川大阪(梅田)神戸(三宮)京都宝塚方面

※のりば番号は設定されていない。

利用状況[編集]

2014年の年間乗車人員は2,682,000人である[4]。したがって、1日平均乗車人員は7,348人となる。

近年の1日平均乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
2001年(平成13年) 5,833
2002年(平成14年) 6,321
2003年(平成15年) 5,775
2004年(平成16年) 5,638
2005年(平成17年) 6,005
2006年(平成18年) 5,781
2007年(平成19年) 5,888
2008年(平成20年) 6,096
2009年(平成21年) 6,414
2010年(平成22年) 6,608
2011年(平成23年) 6,779
2012年(平成24年) 6,912
2013年(平成25年) 7,099
2014年(平成26年) 7,348

駅周辺[編集]

当駅の西部一帯に苦楽園という地域があり、そこは大正期から昭和期にかけて温泉地として親しまれた。そこへアクセスする目的で設置されたため、苦楽園口駅となった[5]。ただし苦楽園までは徒歩で20分程度かかり、急な山道を登ることになる。

春の花見シーズンには夙川公園を訪れる行楽客で賑わう。

バス路線[編集]

阪急バス(駅西方、「苦楽園口」停留所)

阪神バス(駅東方、「苦楽園口東」停留所)

隣の駅[編集]

阪急電鉄
甲陽線
夙川駅 (HK-09) - 苦楽園口駅 (HK-29) - 甲陽園駅 (HK-30)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『阪急ステーション』 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、83・86頁。ISBN 4-89485-051-6
  2. ^ a b 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』12号 阪神電気鉄道 阪急電鉄 2、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年10月、27-29頁。ISBN 978-4-02-340142-6
  3. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』9 関西2、新潮社2009年、50頁。ISBN 978-4-10-790027-2
  4. ^ 西宮市統計書
  5. ^ 鉄道ファン』2007年3月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]