與杼神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
與杼神社
本殿
所在地 京都府京都市伏見区淀本町167
位置 北緯34度54分19.2秒
東経135度43分04.3秒
座標: 北緯34度54分19.2秒 東経135度43分04.3秒
主祭神 豊玉姫命
高皇産霊神
速秋津姫命
社格 式内社(小)
郷社
創建 応和年間(961年-964年
例祭 元旦祭(1月1日)
節分祭(2月3日)
初午祭(3月)
秋季大祭(10月30日~11月3日)
地図
與杼神社の位置(京都市内)
與杼神社
與杼神社
テンプレートを表示

與杼神社(よどじんじゃ)は、京都市伏見区にある神社。式内社で、旧社格郷社

祭神[編集]

歴史[編集]

社伝等によると応和年間(961年-964年)頃に愛宕念仏寺などを再興した千観内供肥前国(現在の佐賀県)佐賀郡河上村與止日女神社より淀大明神を勧請して建立したとされる。しかしながら、日本三代実録には貞観元年(859年)に従五位下の神位を賜ったという記述があり、延歴5年(927年)に成立した延喜式神名帳では山城国乙訓郡の小社として列していることから応和年間以前には存在したと考えられる[1]

境内[編集]

文化財建造物[編集]

  • 拝殿 1649年頃建立の江戸時代建築で国の重要文化財に指定されている。 

かつて存在した建築物[編集]

  • 宝塔 元禄年間(1688年-1704年)頃に建立(または再建)された多宝塔。明治初年の神仏分離で破却されたという。 
  • 本殿 1649年頃の建立で1971年(昭和46年)に重要文化財に指定された。しかし、1975年(昭和50年)8月5日に中学生による花火の火が檜皮葺屋根に着火しことが原因により火災で焼失した[2]。1980年(昭和55年)、現在の本殿が再建された。

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

参考資料[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]