黒川道祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒川 道祐(くろかわ どうゆう、1623年元和9年) - 1691年12月23日(元禄4年11月4日))は、江戸時代初期の医者であり、歴史家である。

人物[編集]

道祐はであり、名は玄逸、号に静庵、遠碧軒などがある。林羅山より儒学を学んだ。父と同じく安芸国の浅野家へ家禄400で儒医として仕えた。職を辞した後、洛中に住して、本草家の貝原益軒と交友した。主著として医学史書の『本朝医考』と、山城国の地誌である『雍州府志』などがある。

家族[編集]

  • 父:黒川光信(法眼)儒医、広島藩浅野光晟典医林道春門人
  • 母:堀杏庵の女
    • 本人:黒川道祐
    • 妻:武田信成(江戸期の医師)の女[1]
      • 長男:武田信郷(叔安)河窪武田家を継ぐ
        • 11代目当主:黒川道見(富士製紙役員)/ 黒川道徳(道見弟)日本郵船
        • 13代目当主:黒川祐介(タナシン電機株式会社副社長、株式会社タカキタ役員を歴任)

著書[編集]

  • 『本朝医考』
  • 雍州府志
  • 『日次紀事』
  • 『芸備国郡志』
  • 『遠碧軒随筆』[2]
  • 『近畿游覧誌稿』[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武田信成は、清和源氏を祖とする河窪武田氏である。
  2. ^ 一名『遠碧軒記』。『日本随筆大成』第1期第10巻所収、吉川弘文館
  3. ^ 黒川道祐近畿游覧誌稿 - CiNii

参考文献[編集]

外部リンク[編集]