経験過程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

経験過程(けいけんかてい、英語: empirical process)は、経験測度の中心極限定理の一般化のひとつである。経験過程の理論は、ノンパラメトリック統計学などに応用される。

定義[編集]

ある一定の条件のもとで、経験測度Pnが、確率測度へ収束するという結果はよく知られている(Glivenko-Cantelliの定理)。経験過程の理論によって、この収束の速さを説明することができる。 中心化・基準化された経験測度は、

となる。これによる、適当な可測関数fの像は、

と書くことができる。中心極限定理により、適当な可測集合Aに対して、は、正規確率変数N(0, P(A)(1 − P(A)))へ分布収束する。同様に、適当な関数fに対して、は、正規確率変数へ分布収束する。

定義

Sの可測な部分集合の族における経験過程という。
Sからへの可測関数の族における経験過程という。

経験過程に関する有名な結果のひとつに、Donskerの定理がある。この定理は、ある一定のガウス過程へ弱収束する経験過程のクラス(Donskerクラス)についての研究につながった。DonskerクラスはGlivenko-Cantelliクラスになるが、その逆は一般的に正しくない。

[編集]

例として、経験分布関数を考える。i.i.d.確率変数において、これは、

と与えられる。この例では、経験過程はのクラスによって特徴づけられる。このはDonskerクラスであることを示すことができ、特に、:ブラウン橋 B(F(x))に弱収束する。

参考文献[編集]

  • P. Billingsley, Probability and Measure, John Wiley and Sons, New York, third edition, 1995.
  • M.D. Donsker, Justification and extension of Doob's heuristic approach to the Kolmogorov–Smirnov theorems, Annals of Mathematical Statistics, 23:277–281, 1952.
  • R.M. Dudley, Central limit theorems for empirical measures, Annals of Probability, 6(6): 899–929, 1978.
  • R.M. Dudley, Uniform Central Limit Theorems, Cambridge Studies in Advanced Mathematics, 63, Cambridge University Press, Cambridge, UK, 1999.
  • M.R. Kosorok, Introduction to Empirical Processes and Semiparametric Inference, Springer, New York, 2008.
  • Galen R. Shorack and Jon A. Wellner, Empirical Processes with Applications to Statistics, Wiley, New York, 1986. SIAM Classics edition (2009), Society for Industrial and Applied Mathematics. ISBN 978-0-898716-84-9
  • Aad W. van der Vaart and Jon A. Wellner,Weak Convergence and Empirical Processes: With Applications to Statistics, 2nd ed., Springer, 2000. ISBN 978-0-387-94640-5
  • J. Wolfowitz, Generalization of the theorem of Glivenko–Cantelli. Annals of Mathematical Statistics, 25, 131–138, 1954.

外部リンク[編集]