箱根 (箱根町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 足柄下郡 > 箱根町 > 箱根 (箱根町)
箱根
—  大字  —
箱根関所跡と芦ノ湖
箱根の位置(神奈川県内)
箱根
箱根
座標: 北緯35度11分33.3秒 東経139度01分33.9秒 / 北緯35.192583度 東経139.026083度 / 35.192583; 139.026083
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 神奈川県
足柄下郡
市町村 箱根町
標高 737m (2,418ft)
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 250-0521
市外局番 0460
ナンバープレート 湘南

箱根(はこね)は、神奈川県足柄下郡箱根町大字郵便番号は250-0521[1]箱根関所跡や箱根峠で知られる。

箱根エリア全体と区別するために、観光案内等ではこの地域を便宜上、「箱根町(はこねまち)」と呼ぶことが多い。

地理[編集]

箱根町の南西部に位置する町で、箱根町の畑宿元箱根湯河原町鍛冶屋宮上静岡県田方郡函南町桑原、同県三島市佐野、および同県裾野市茶畑と隣接する。

町の北側に箱根火山の堰止湖である芦ノ湖が広がる。箱根観光船芦ノ湖遊覧船の発着場である箱根町港前の国道1号沿いには土産物店などが並び、観光客でにぎわう。港の周辺には箱根関所跡や箱根駅伝の芦ノ湖折り返し地点がある。南側は箱根山外輪山の峰々が連なり、東海道である国道1号が箱根峠で外輪山の稜線を越える。

山岳[編集]

[編集]

湖沼[編集]

河川[編集]

  • 明神川

歴史[編集]

新編相模国風土記稿』の記載によると元和4年(1618年)に箱根宿が設置されたが、このとき、江戸幕府は箱根権現箱根神社)の門前町であった地域(現在の箱根町元箱根)に宿場を設けようとしたが地元の反対にあって失敗したため、現在の箱根町箱根の地域に宿場を設置したとされる[2]

当時の住民は小田原宿三島宿から50軒ずつ移住させられたとされ、箱根町箱根に現在残る「小田原町」「三島町」の字は、この移住に由来するとされる[2]。また、「小田原町」は小田原藩が、「三島町」は三島代官所(後に韮山代官所)が管轄するという、異なる領主が併存する特殊な統治体制だったとされる[2]

史跡[編集]

施設[編集]


交通[編集]

箱根観光船(箱根海賊船)(2012年撮影(写真の船は現在、退役))

鉄道[編集]

地内に鉄道はない。

バス[編集]

道路[編集]

水運[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]