第2回世界遺産委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第2回世界遺産委員会(だい2かいせかいいさんいいんかい)は、1978年9月5日から8日の間、アメリカ合衆国ワシントンD.C.で開催された。この回から世界遺産リストへの登録が始まり、文化遺産8件、自然遺産4件の計12件が登録された。

委員国[編集]

委員国は以下の13か国である[1][注釈 1]。地域区分はUNESCO) に従っている。

地域 委員国 特記事項
議長国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 議長はデヴィド・ヘイルス (David F. Hales)[2]
アジア太平洋 イランの旗 イラン 副議長国[2]
オーストラリアの旗 オーストラリア
アラブ諸国  エジプト 副議長国[2]
イラクの旗 イラク
チュニジアの旗 チュニジア
アフリカ ナイジェリアの旗 ナイジェリア 副議長国[2]
ヨーロッパ北アメリカ フランスの旗 フランス 副議長国[2]
ポーランドの旗 ポーランド 報告担当国[2]
カナダの旗 カナダ
西ドイツの旗 西ドイツ
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
カリブラテンアメリカ エクアドルの旗 エクアドル 副議長国[2]

登録物件[編集]

以下の自然遺産4件、文化遺産8件の計12件が世界遺産リストに登録された。

自然遺産[編集]

画像 登録名 登録基準[注釈 2] 登録ID[注釈 3] 保有国
Flightless cormorant (Phalacrocorax harrisi) -Isabela.jpg ガラパゴス諸島 (7), (8), (9), (10) 1 エクアドルの旗 エクアドル
Galapagos Islands
Iles Galapagos
ガラパゴス諸島は火山活動によって生まれた島々で、今なお火山活動が続いている[3]。島ごとに多様な亜種が棲息し、チャールズ・ダーウィン進化論研究に不可欠の影響を与えた[4]
Lobelia rynchopetalum.JPG シミエン国立公園 (7), (10) 9 エチオピアの旗 エチオピア
Simien National Park
Parc National du Simien
シミエン国立公園は1969年に「アフリカの屋根」の異名をとるシミエン山地に設定された国立公園である[5]。厳しい環境のために生物層は限定的だが、その中には固有種などの希少生物たちが含まれている[6]
Windrow of windblown glacial silt, NWT.jpg ナハニ国立公園 (7), (8) 24 カナダの旗 カナダ
Nahanni National Park
Parc national Nahanni
ナハニ国立公園は、サウスナハニ川英語版が作り出した地形が広がる地域で、地球生成の歴史を刻んでいるとともに[7]、自然美を呈している[8]
Base of Tower Fall with rainbow.JPG イエローストーン (7), (8), (9), (10) 28 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Yellowstone
Yellowstone
イエローストーンは1872年に指定された世界初の国立公園である。火山活動や間欠泉などの熱水現象が多彩な地形を作り上げてきた場所で、生物相も非常に豊かである[9]。2006年に登録名が「イエローストーン国立公園」(Yellowstone National Park / Parc national de Yellowstone) と改名された[10]

文化遺産[編集]

画像 登録名 登録基準 登録ID 保有国
Quito altstadt.jpg キトの市街 (2), (4) 2 エクアドルの旗 エクアドル
City of Quito
Ville de Quito
キトは先住民の町を破壊したスペイン人がその上に築いた都市で、「アメリカ大陸の修道院」の異名をとるほどに相次いで聖堂や修道院が建てられ、アメリカ大陸での伝道においても重要な役割を果たした[11]
Aachener Dom, Kreuzgang, Atrium.jpg アーヘン大聖堂 (1), (2), (4), (6) 3 西ドイツの旗 西ドイツ
Aachen Cathedral
Cathédrale d'Aix-la-Chapelle
アーヘン大聖堂は8世紀末から9世紀にかけて建造されたカロリング・ルネサンス期の大聖堂[12]、10世紀から16世紀には歴代神聖ローマ皇帝の戴冠式が行われた[13]
L'AnseAuxMeadowsReconstr1.jpg ランス・オ・メドー国定史跡 (6) 4 カナダの旗 カナダ
L’Anse aux Meadows National Historic Site
Lieu historique national de L’Anse aux Meadows
ランス・オー・メドー国定史跡はニューファンドランド島に残る考古遺跡で、11世紀ごろにヴァイキングが築いた居住地跡である[8]。彼らが、北アメリカに到達した最初のヨーロッパ人とされている[14]
Entrance to the Church of Bet Giorgis (3274062633).jpg ラリベラの岩窟教会群 (1), (2), (3) 18 エチオピアの旗 エチオピア
Rock-Hewn Churches, Lalibela
Églises creusées dans le roc de Lalibela
ラリベラの岩窟教会群は、ザグウェ朝のラリベラ王が築いた11の聖堂群で、12世紀から13世紀にアクスム王国をはじめとする諸地域の様式を取り入れて作り上げられたものである[15]
Gorée - Montée du Castel (2).JPG ゴレ島 (6) 26 セネガルの旗 セネガル
Island of Gorée
Île de Gorée
ゴレ島はかつて大西洋奴隷貿易の拠点として使われていた島で、しばしば負の世界遺産の一つに挙げられている[16][17]
Spruce Tree House, Mesa Verde National Park (4847998119).jpg メサ・ヴェルデ (3) 27 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Mesa Verde
Mesa Verde
メサ・ヴェルデはアメリカ先住民が断崖に築いた住居などを含む考古遺跡が残る地域で、国立公園となっている[18]。2006年に世界遺産登録名が「メサ・ヴェルデ国立公園」(Mesa Verde National Park

/ Parc national de Mesa Verde) に改名された[19]

Kracow22.jpg クラクフ歴史地区 (4) 29 ポーランドの旗 ポーランド
Cracow's Historic Centre
Centre historique de Cracovie
クラクフはかつてポーランド王国の首都だったことがある古都で、中世以来の様々な歴史的建造物群が残っている[20]。2013年に英語・仏語の登録名が Historic Centre of Kraków / Centre historique de Kraków と変更された[21]
Kopalnia soli Wieliczka 2013 004.jpg ヴィエリチカ岩塩坑 (4) 32 ポーランドの旗 ポーランド
Wieliczka Salt Mine
Mines de sel de Wieliczka
ヴィエリチカ岩塩坑は、かつてポーランド王国の財源の3分の1を占めたとされる岩塩の採掘所で、坑内には様々な彫刻や礼拝堂などが残っている。2013年に登録対象を拡大し、「ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑」(Wieliczka and Bochnia Royal Salt Mines / Mines royales de sel de Wieliczka et Bochnia) と改称した。

登録の見送り[編集]

推薦されていて登録が見送られた物件には、以下のものがある[22]。その中には、続く第3回世界遺産委員会(1979年)、第4回世界遺産委員会(1980年)で登録されたものも少なからず含まれる。なお、エチオピアが推薦していた物件には、現エリトリア領内に存在するものも含まれている。

画像 推薦名 推薦国 正式登録年
Gondar City.jpg ゴンダール地方のファジル・ゲビ エチオピアの旗 エチオピア 1979年
Fasil Ghebbi, Gondar region
Fasil Ghebbi, région de Gondar
Awash River Valley, Asaita, Afar, Ethiopia.JPG アワッシュ川下流域 エチオピアの旗 エチオピア 1980年
Lower Valley of the Awash
Basse Vallée de l'Aouache
Omo River 02.jpg オモ川下流域 エチオピアの旗 エチオピア 1980年
Lower Valley of the Omo
Basse Vallée de l'Omo
Axum northern stelea park.jpg アクスム エチオピアの旗 エチオピア 1980年
Aksum
Axoum
Tiya vue d'ensemble.JPG ティヤ エチオピアの旗 エチオピア 1980年
Tiya
Tiya
Adulis (8529061940).jpg アドゥリス英語版 エチオピアの旗 エチオピア
Adulis
Adoulis
Pierre taillée Melka Kunture Éthiopie fond.jpg メルカ=コントゥレ英語版 エチオピアの旗 エチオピア
Melka-Kontoure
Melka-Kontoure
マタラ英語版 エチオピアの旗 エチオピア
Matara
Matara
Yeha Tigray Ethiopia.jpg イェハ英語版 エチオピアの旗 エチオピア
Yeha
Yeha
Djoudj ile pelican.jpg ジュッジ鳥類国立公園 セネガルの旗 セネガル 1981年
Djoudj National Bird Sanctuary
Parc national des oiseaux de Djoudj
Parcichkeul3.jpg イシュケル国立公園 チュニジアの旗 チュニジア 1980年
Ichkeul National Park
Parc national d'Ichkeul
Zembra - Zembretta from Haouaria.jpg ゼンブラ・ゼンブレッタ群島国立公園フランス語版 チュニジアの旗 チュニジア
Zembra and Zembretta Islands National Park
Parc national des Iles de Zembra et Zembretta
Auschwitz-birkenau-main track.jpg アウシュヴィッツ - 強制収容所 ポーランドの旗 ポーランド 1979年[注釈 4]
Auschwitz - concentration camp
Auschwitz - camp de concentration
Warsaw - Royal Castle Square.jpg ワルシャワ歴史地区 ポーランドの旗 ポーランド 1980年
Historic centre of Warsaw
Centre historique de Varsovie
Poland Bialowieza - BPN.jpg ビャウォヴィエジャの森 ポーランドの旗 ポーランド 1979年[注釈 5]
National Park of Białowieska
Forêt de Białowieska

危機遺産[編集]

第2回世界遺産委員会の時点では、危機にさらされている世界遺産(危機遺産)リストに登録された物件は存在しない。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2nd session of the Committee”. 2014年3月5日閲覧。そこでは、第1回世界遺産委員会と同じ14か国が挙げられているが、ここでは当時の報告書 (UNESCO 1978b)に基づいている
  2. ^ 当時は文化遺産と自然遺産で別個の登録基準が適用されていた。ここでは煩瑣になるのを避けるため、世界遺産センターに倣い、2006年以降の統合された基準で示す。
  3. ^ IDは登録当初のもの。後の拡大登録などでIDにbisなどがついている場合がある(たとえばガラパゴス諸島の2013年の第37回世界遺産委員会終了時点のIDは1bis)。
  4. ^ 2007年に「アウシュヴィッツ=ビルケナウ ナチス・ドイツの強制絶滅収容所(1940年-1945年)」に名称変更された。
  5. ^ 1992年の拡大で、ベラルーシと共有する国境を越える世界遺産となった。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • UNESCO (1978a), List of nominations to the World Heritage List and of requests for technical cooperation (CC-78/CONF.010/07), http://whc.unesco.org/document/719 (English / français)
  • UNESCO (1978b), Final Report (CC-78/CONF.010/10 Rev), http://whc.unesco.org/document/726 
  • 世界遺産検定事務局 『すべてがわかる世界遺産大事典〈上〉』 マイナビ、2012年3月30日。ISBN 978-4-8399-4163-5 (世界遺産アカデミー監修) (2012a)
  • 世界遺産検定事務局 『すべてがわかる世界遺産大事典〈下〉』 マイナビ、2012年3月30日。ISBN 978-4-8399-4164-2 (世界遺産アカデミー監修) (2012b)
  • 古田陽久; 古田真美 『世界遺産事典 - 2014改訂版』 シンクタンクせとうち総合研究機構、2013年。ISBN 978-4-86200-179-5 

外部リンク[編集]