第1回世界遺産委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第1回世界遺産委員会(だい1かいせかいいさんいいんかい)は、1977年6月27日から7月1日の間、フランスパリで開催された。世界遺産条約1975年12月17日に発効し[1]、翌年の第1回世界遺産条約締約国会議(総会)で委員会の設置が決まり、年1度以上の会議が開催されることになった[2]。この第1回世界遺産委員会の時点では、有形文化財や自然保護区の世界遺産リストへの登録は始まっていない。

委員国[編集]

前年の第1回総会の時点での締約国は26か国であり[3]、それを踏まえた委員国は以下の15か国[4](うち議長1、副議長4、報告担当1[5])である。地域区分はUNESCOに従っている。

地域 委員国 特記事項
アジア太平洋 イランの旗 イラン 議長国[6]
オーストラリアの旗 オーストラリア
アラブ諸国  エジプト 副議長国[6]
イラクの旗 イラク
チュニジアの旗 チュニジア
アフリカ ナイジェリアの旗 ナイジェリア 副議長国[6]
 ガーナ
セネガルの旗 セネガル
ヨーロッパ北アメリカ フランスの旗 フランス 副議長国[6]
ポーランドの旗 ポーランド 副議長国[6]
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
カナダの旗 カナダ 報告担当国[6]
西ドイツの旗 西ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリブラテンアメリカ エクアドルの旗 エクアドル

議題[編集]

規約についてや、世界遺産リスト制定に向けた議論が行われた[7]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • UNESCO (1977), Final report - List of Participants (CC-77/CONF.001/09), http://whc.unesco.org/document/329 
  • 世界遺産検定事務局 『すべてがわかる世界遺産大事典〈上〉』 マイナビ、2012年3月30日。ISBN 978-4-8399-4163-5 (世界遺産アカデミー監修)

外部リンク[編集]