古田陽久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古田 陽久(ふるた はるひさ、1951年4月24日[1] - )は、世界遺産総合研究所所長である。

経歴[編集]

山口県萩市を本籍に広島県呉市生まれ。広島県立呉三津田高等学校卒業、慶應義塾大学経済学部卒業。15年間の総合商社勤務(日商岩井(現:双日))を経て、1990年(平成2年)シンクタンクせとうち総合研究機構を設立。1995年(平成7年)11月に、それまで資料の少なかったユネスコの「世界遺産」に関するデータを「世界遺産データ・ブック」(シンクタンクせとうち総合研究機構発行 日本図書館協会選定図書、全国学校図書館協議会選定図書)として出版、朝日新聞の全国版で紹介される。

1998年(平成10年)より現職。2001年(平成13年)の北海道弟子屈町商工会青年部による世界に誇れる郷土の宝もの「摩周湖」をユネスコの世界遺産に登録する為の活動を支援する講演・シンポジウムを契機に、教育・観光・まちづくりなど地域振興の視点から、全国的な世界遺産登録運動の機運と道筋を、その著書「世界遺産Q&A-世界遺産化への道しるべ-」(シンクタンクせとうち総合研究機構発行 日本図書館協会選定図書 1998年(平成10年)10月)等の出版と講演活動を通じて創生した。

「世界遺産Q&A-世界遺産化への道しるべ-」は、その後、「世界遺産Q&A-世界遺産の基礎知識-」、「世界遺産ガイド-世界遺産の基礎知識-」へと改訂が進められる。なかでも、台湾で高い評価を得て、中国語版の「世界遺産Q&A 世界遺産基礎知識」が、行政院文化建設委員会と文化台湾発展協会から出版された。また、新たな学問として「世界遺産学」を提唱、アジア地域における「世界遺産研究」のフロンティアとして、各方面で評価される。地方を拠点に、世界的、全国的な視野で、教育・出版・講演などユニークな活動を展開している。広島市佐伯区在住。

著書[編集]

  • 『世界遺産入門-平和と安全な社会の構築-』(シンクタンクせとうち総合研究機構,2015年)
  • 『世界遺産概論<上巻>、<下巻>』(シンクタンクせとうち総合研究機構,2007年)
  • 『世界遺産学のすすめ-世界遺産が地域を拓く-』(シンクタンクせとうち総合研究機構,2005年)
  • 『世界遺産データ・ブック』(シンクタンクせとうち総合研究機構,毎年刊)
  • 『世界遺産事典』(シンクタンクせとうち総合研究機構,毎年刊)
  • 『世界遺産Q&A』(シンクタンクせとうち総合研究機構)
  • 『世界遺産ガイド』(シンクタンクせとうち総合研究機構,逐次刊)
  • 『世界遺産ガイド-世界遺産条約とオペレーショナル・ガイドラインズ編-』(シンクタンクせとうち総合研究機構,2007年)
  • 『世界遺産ガイド-自然遺産編-2016改訂版』(シンクタンクせとうち総合研究機構,2016年)
  • 『世界遺産ガイド-文化遺産編-2016改訂版』(シンクタンクせとうち総合研究機構,2016年)
  • 『世界遺産ガイド-複合遺産編-2016改訂版』(シンクタンクせとうち総合研究機構,2016年)
  • 『世界遺産ガイド-危機遺産編-2016改訂版』(シンクタンクせとうち総合研究機構,2015年)
  • 『世界遺産ガイド-ユネスコ遺産の基礎知識-』(シンクタンクせとうち総合研究機構,2014年)
  • 『世界無形文化遺産データ・ブック』(シンクタンクせとうち総合研究機構,毎年刊)
  • 『世界記憶遺産データ・ブック』(シンクタンクせとうち総合研究機構,隔年刊)
  • 『世界の記憶遺産60』(幻冬舎,2015年)
  • 『誇れる郷土データ・ブック-地方の創生と再生-2015年版』(シンクタンクせとうち総合研究機構,2015年)
  • 『誇れる郷土ガイド』(シンクタンクせとうち総合研究機構,逐次刊)
  • 『誇れる郷土ガイド-全国47都道府県の観光データ編-』(シンクタンクせとうち総合研究機構)

監修[編集]

  • 『特集 東南アジア「世界遺産」を航く』(にっぽん丸会員誌「海」No.80,2014年)
  • 『ズバリ図解 世界遺産』(ぶんか社文庫,2008年)

日文原著監修[編集]

  • 『世界遺産Q&A -世界遺産の基礎知識-』(文化台湾発展協会,行政院文化建設委員会,2003年)

主要論文等[編集]

  • 「ヒロシマの被爆作家による原爆文学資料を世界記憶遺産に!」(2015年6月13日)
  • 「ユネスコ世界記憶遺産とは何か」(世界人権宣言大阪連絡会議ニュース 2014年3月10日)
  • 「隠岐」の魅力を世界へ(山陰中央新報朝刊【談論風発】 2013年11月23日)
  • 「世界遺産登録 国際的理解に知恵絞れ」(河北新報朝刊【持論時論】 2013年5月23日)
  • 「富士山/鎌倉 明と暗」(北海道新聞夕刊 2013年5月10日)
  • 「石見銀山 世界遺産5周年/7月2日を登録記念日に」(山陰中央新報朝刊【談論風発】 2012年7月7日)
  • 「世界遺産条約40年の節目」(中国新聞朝刊【今を読む】 2012年6月19日)
  • 「復興への記録を後世に」(岩手日報【日報論壇】 2012年4月2日)
  • 「利尻・礼文・サロベツ原野/大雪山と日高山脈 世界遺産暫定リスト入りを」(北海道新聞夕刊 2012年2月10日)
  • 「世界遺産を活用した地域振興-『世界遺産基準』の地域づくり・まちづくり-」(月刊「地方議会人」2011年9月号)
  • 「中国から世界遺産を学ぶ」(月刊中国NEWS 2011年8月号) 
  • 「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群と御所野遺跡」(御所野縄文博物館 2010年2月)
  • 「週刊フムフム大図解「危機遺産」」(北海道新聞 2009年9月12日)
  • サンデー版大図解「守りたい 人類の宝 危機遺産」(東京新聞、中日新聞、北陸中日新聞 2009年8月23日)
  • 世界遺産の現状と課題-世界遺産教育の重要性-(サイバー大学 「サイバー大学紀要」第1号 2009年3月)
  • 世の中ペディア 世界遺産(自由国民社「現代用語の基礎知識」 2009年1月)
  • JMBツアーニュースコラム「大自然と世界遺産に魅了される国 オーストラリア」(日本航空(JAL)2008年12月)
  • 『日本における世界遺産教育の現状と課題』((社))国際環境研究協会 「地球環境」 Vol. 13 No.1 世界遺産特集号 2008年2月)
  • 『世の中ペディア 世界遺産の"いま"』(自由国民社「現代用語の基礎知識」 2008年1月)
  • 『世界遺産入門』(機構団信広報委員会 2007年8月)
  • 『論点 「世界遺産の現状を考える-脅威に対抗する知恵を-」』(毎日新聞 朝刊 2006年8月)
  • 『世界と日本の大図解シリーズ 「日本の世界遺産」』(東京新聞 2006年6月)
  • 『世界遺産とまちづくり』(大阪ガスエネルギー・文化研究所 季刊雑誌「CEL」第176号 2006年3月)
  • 『平成17年度地域振興シナリオ推進事業 「緑川流域の石橋群認知度アップ事業』(熊本県上益城地域振興局 2006年3月)
  • 『A Country Study on World Heritage Education in Japan』(UNESCO Office Beijing 2005年3月)
  • 『北東アジア地域の世界遺産を通じた観光交流を考える』(環日本海アカデミック・フォーラム2004年3月)
  • 『世界遺産とは何かー理念・歴史と日本の関わりー』(財団法人日本交通公社 観光文化 第164号 2003年11月)
  • 『世界遺産と鉄道遺産』(日本土木学会 土木学会誌Vol 88 2003年2月)
  • 『ウズベキスタン「ボイスン地方の文化空間」を訪ねて』(ユネスコ・アジア文化センター 2002年10月)
  • 『ユネスコ世界遺産と土木遺産』(日本土木学会 土木学会誌Vol 85 2000年6月)

連載[編集]

  • 「世界遺産への旅」(2015年5月〜)
  • 「世界記憶遺産の旅」(2013年2月〜2014年5月)
  • 日本政策金融公庫「調査月報連載『データで見るお国柄』」(2011年4月号〜2012年3月号)

受賞歴[編集]

  • 「世界ジオパーク・隠岐のローソク岩」(ふるさとテレビ第8回お国自慢ふるさとコンクール 写真の部 ふるさと会担当副会長賞/NTTドコモ賞 2014年3月)
  • 「呉ルネッサンス構想」(毎日郷土提言賞広島県優秀賞受賞 1989年8月)
  • 「明日の地球企業ー日商岩井への政策提言」(日商岩井株式会社 合併20周年記念社内論文入選 1989年1月)
  • 「埼玉の土地問題を考える」(毎日郷土提言賞埼玉県優秀賞受賞 1988年8月)
  • 「アイデンティティは緑」(埼玉県川口市懸賞論文優秀賞受賞 1988年2月)
  • 「緑ゆたかな都市づくりへの政策提言」(財団法人都市緑化基金・読売新聞社主催 第7回緑の都市賞建設大臣賞受賞 1987年10月)
  • 「街づくりと産業の振興」(埼玉県川口市懸賞論文最優秀賞受賞 1987年3月)
  • 「みんなで語ろう東京ーわたしの提言」(東京都知事賞受賞 1986年12月)
  • 「川口メッセ構想」(埼玉県川口市懸賞論文最優秀賞受賞 1986年3月)

シンポジウム[編集]

  • 「広島の被爆作家(栗原・原・峠)による原爆文学資料を世界記憶遺産に」(主催:広島文学資料保全の会)
  • 「阿里山と世界遺産」国際ワークショップ(主催 台湾・嘉義県政府)
  • ビジョン・ミーティング 講演&パネリスト 一般社団法人日本から台湾の世界遺産登録を応援する会      
  • ICU(国際基督教大学)祭企画 世界遺産シンポジウム〜「富士山」と世界遺産登録を考える(主催ICU UNESCO CLUB)
  • パネル討論「条約採択40周年 『城下町金沢』『霊峰白山』実現へどう動く」(主催「石川県に世界遺産を」推進会議)
  • 富士"考"フォーラム「〜地域を愛する心〜どうなる富士山 どうする私達」(社団法人富士五湖青年会議所主催)パネリスト
  • 富士山憲章制定10周年記念フォーラム「富士山の恵みを永久に引き継ぐ〜過去、現在、そして世界遺産へ〜」(山梨県・静岡県主催)パネリスト
  • 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」世界遺産シンポジウム(長崎県教育委員会、五島市教育委員会)基調講演『地域の「たからもの」から世界の「たからもの」へ』パネリスト『世界遺産登録を目指して』
  • 2007「四国へんろ道文化」フォーラム(宇和島市、宇和島市教育委員会、四国へんろ道文化世界遺産化の会主催)基調講演「四国いやしの文化〜四国霊場八十八ヶ所と遍路道〜世界遺産登録の実現に向けて」&パネリスト
  • 「富士山の文化的景観を考える」(富士山文化的景観協議会主催)基調講演「世界遺産登録により何がどう変わるか」&パネリスト
  • 「めざそう!世界遺産」キャンペーン 金沢の文化遺産セミナー『城下町金沢』の課題 講演&パネリスト(主催「石川県に世界遺産を」推進会議 金沢経済同友会、石川県、金沢市、白山市、小松市、能美市、川北町、北國総合研究所)
  • 海堡シンポジウム 「東京湾海堡と世界遺産」(東京湾海堡ファンクラブ)講演「世界遺産の現状と課題」
  • 「富士山シンポジウム2006 世界文化遺産に向けて」(読売新聞社主催 静岡第一テレビ、静岡県共催)基調講演「世界遺産の現状と日本の課題」&コーディネーター
  • 「世界遺産シンポジウム 大峯奥駈道(大峯道)・熊野古道(小辺路)の世界遺産登録に向けて」(奈良県南和広域連合)記念講演 「世界遺産の意義と地域振興」
  • 「摩周湖シンポジウム」(摩周湖世界遺産登録実行委員会)基調講演「北の世界遺産・摩周湖への道?北海道から世界へ?」
  • SAKYU座談会「世界遺産に挑戦」(鳥取青年会議所第2政策委員会)講演「世界遺産とまちづくり」

講演歴[編集]

生涯学習センター・公民館[編集]

  • 2001年(平成13年)
    • 6月〜7月 - 京都府長岡京市立中央公民館「国際理解講座」(全4回)「世界遺産を通じて異文化と自然を考える」
    • 10月 - 練馬区立練馬公民館 「世界遺産講座」(全4回)「世界遺産が語るもの〜自然と文明からの伝言〜」
  • 2002年(平成14年)1月 - 品川区立荏原文化センター「区民大学教養講座」(全1回)「世界遺産とは〜世界遺産条約の理念、目的等と世界遺産の概要について〜」
  • 2004年(平成16年)6月 - 札幌市厚別区民センター「講演会」(全1回)「旅する気分で不思議な世界遺産にふれてみよう〜映像で見る多様な世界遺産〜」
  • 2005年
    • 2月 - 足利市織姫公民館 地球市民講座(全1回)「韓国の世界遺産」
    • 7月 - 三田市中央公民館 世界遺産講座(全1回)「世界遺産 その魅力と多様性-最新の世界遺産情報とトピックスの紹介-」
    • 10月〜12月 伊丹市立生涯学習センター 秋の講座 市民文化塾 「世界遺産講座」(全5回)「日本の世界遺産」
    • 11月 - 倉敷市教育委員会ライフパーク倉敷市民学習センター 世界遺産講座(全1回)「世界遺産とまちづくり」
    • 11月〜2006年(平成18年)2月 - (財)調布市文化・コミュニティ振興財団 調布市市民カレッジ 世界遺産講座(全8回)「日本の世界遺産-その特質と魅力-」
    • 11月〜2006年(平成18年)2月 横須賀市生涯学習センター 横須賀市市民大学(後期講座)「世界遺産講座」(全8回)「日本の世界遺産」
  • 2006年(平成18年)
    • 1月 東京都府中市生涯学習センター けやき寿学園世界遺産講座(全1回)「世界遺産との出会い、人生、そして、旅」
    • 5月〜8月 名古屋市守山生涯学習センター 守山生涯学習センター前期主催講座(全7回)「世界遺産をめぐる」
    • 5月〜9月 (財)調布市文化・コミュニティ振興財団 調布市市民カレッジ世界遺産講座(全5回)「中国の世界遺産-その特質と魅力-」
    • 5月〜9月 横須賀市生涯学習センター 横須賀市市民大学(前期講座)「世界遺産講座」(全8回)「中国と朝鮮半島の世界遺産-その特質と魅力-」
    • 9月 名古屋市東生涯学習センター(全1回)「世界遺産の旅〜熊野古道からエジプトまで〜」
    • 10月〜2007年(平成19年)1月 茨城県県西生涯学習センター 茨城県弘道館アカデミー 県民大学後期講座 国際関係学コース「世界遺産講座 地球上の多様な自然遺産」(全10回)
    • 11月 三田市中央公民館 世界遺産講座(全1回)「海外の世界遺産」
    • 11月 川西市多田公民館 世界遺産講座(全1回)「世界遺産の話」
    • 10月〜2007年(平成19年)3月 (財)調布市文化・コミュニティ振興財団 調布市市民カレッジ世界遺産講座(全8回)「ヨーロッパの世界遺産-自然と文化の多様性を学ぶ-」
    • 10月 和歌山県立図書館文化情報センター きのくに県民カレッジ記念講演会(全1回) 「世界遺産学のすすめ〜文化的景観を護る〜」
    • 12月 横須賀市生涯学習センター 2006日豪交流年記念講演会(全1回)「オーストラリアの世界遺産〜世界遺産を通じた国際文化交流のすすめ〜」
  • 2007年(平成19年)
    • 1月 岐阜市生涯学習センター 開館5周年記念フェスティバル講演会(全1回) 「地球と人類の至宝「世界遺産」を知る
    • 1月〜3月 豊橋市公民館 豊橋市市民大学トラム(全2回) 「世界遺産概論」、「世界遺産との出会い」
    • 5月〜9月 (財)調布市文化・コミュニティ振興財団 調布市市民カレッジ世界遺産講座(全8回)「アジアとオセアニアの世界遺産-自然と文化の多様性を学ぶ-」
    • 2月〜3月 日野市中央公民館 成人事業(全4回) 「ヨーロッパの世界遺産〜自然と文化の多様性を学ぶ〜」
    • 4月〜6月 日野市中央公民館 成人事業(全4回) 「アジアの世界遺産〜自然と文化の多様性を学ぶ〜」
    • 10月〜2008年(平成20年)2月 (財)調布市文化・コミュニティ振興財団 調布市市民カレッジ世界遺産講座(全8回)「南北アメリカの世界遺産-自然と文化の多様性を学ぶ-」
  • 2008年(平成20年)1月〜2月 神奈川県愛川町町民大学(全2回)「日本の世界遺産」
    • 3月 高槻市北清水公民館主催 日本の世界遺産の゛今゛
    • 4月〜8月 和泉シティプラザ生涯学習センター主催 和泉シティプラザ市民カレッジ「世界遺産を旅する」
    • 5月〜9月 (財)横須賀市生涯学習財団主催 横須賀市民大学 「世界遺産を学ぶ-アジアとアラブ諸国編-」
    • 10月 大阪府高槻市立北清水公民館主催 現代的課題事業 世界遺産講座 「アジアの世界遺産」
  • 2009年(平成21年)
    • 2月〜3月 調布市西部公民館主催 国際理解講座「世界遺産から見える国々-世界遺産を通じて、その国の歴史、文化、自然を知る-」
    • 5月〜6月 八王子市教育委員会生涯学習センター川口分館主催 世界遺産講座「日本の世界遺産の今とこれから」
    • 5月〜6月 調布市西部公民館主催 世界遺産講座 「日本の世界遺産」
  • 2011年(平成23年)
    • 12月 八王子市教育委員会生涯学習センター川口分館主催 市民自由講座「義経・弁慶ゆかりの世界遺産平泉」
  • 2012年(平成24年)
    • 10月/12月 羽曳野市主催 はびきの市民大学「世界遺産を「旅考」する」

大学[編集]

  • 2002年(平成14年)5月 Academy of Arts of Uzbekistan National Institute of Arts and Design named after Kamoliddin Bekhzad 「Special Lecture」 Japan and Japanese Culture
  • 2003年(平成15年)9月 中国 西南師範大学 「特別講義」国立公園と世界遺産
  • 2004年(平成16年)11月 広島女学院大学生活文化学会秋季講演会 広島女学院大学生活文化学会秋季講演会(全1回)「世界遺産の多様性と文化的景観-自然環境と人間の営み-」
  • 2006年(平成18年)7月 中京大学オープンカレッジ2006年度夏期集中講座講義 「地球と人類の至宝*「世界遺産」を知る-国家、民族、歴史、文化、自然の多様性
  • 2008年(平成20年)5月 神戸大学国際文化学部異文化コミュニケーション講座 「世界遺産セミナー」
  • 2007年(平成19年)4月〜2009年(平成21年)8月 サイバー大学世界遺産学部 教授 世界遺産学概論、世界遺産基礎演習、日本の世界遺産、日本の世界遺産演習を担当。
  • 2009年(平成21年)7月 延世大学(韓国ソウル市) 日本の文化・芸術講座 「ユネスコの世界遺産と韓国と日本の世界遺産」
  • 2013年(平成25年)3月 福岡県立大学附属研究所 世界記憶遺産研究会 「山本作兵衛コレクションと世界記憶遺産の保存・活用」
  • 2013年(平成25年)11月 ICU(国際基督教大学)祭 「世界遺産と教育」
  • 2014年(平成26年)10月 国立雲林科技大学設計学院博士課程 「日本の世界遺産の現状とこれからの課題」

地方自治体[編集]

  • 2001年(平成13年)4月 奈良県南和広域連合 世界遺産シンポジウム基調講演「大峯奥駈道(大峯道)・熊野古道(小辺路)の世界遺産登録に向けて」
  • 2004年(平成16年)
    • 4月 福岡県宗像市教育委員会(宗像市世界遺産登録実行委員会)「沖ノ島及びその周辺における世界遺産登録への取り組みについて-沖ノ島・世界遺産プロジェクト推進に向けての指針-」
    • 5月 山形県庄内地方町村会 山形県庄内地方町村長・議会議長合同懇談会(全1回)「出羽三山・世界遺産プロジェクトへの指針-出羽三山と周辺地域の文化的景観-」
    • 9月 山形県羽黒町「講演会」(全1回)「出羽三山と周辺地域の世界遺産登録を目指して〜出羽三山と庄内平野の文化的景観〜」
  • 2006年(平成18年)
    • 9月〜11月 和歌山県地域振興課/和歌山県世界遺産センター「和歌山県世界遺産保全活用推進員<通称:和歌山県世界遺産マスター>研修会」(全2回)「世界遺産の活用の在り方と問題点を考える」
    • 11月 丹後地区広域市町村圏事務組合 「世界遺産研修会」(全1回)「世界遺産とは何か」、「世界遺産登録の要件と手続き」
  • 2007年(平成19年)
    • 2月 国土交通省中部地方整備局沼津河川国道事務所 「第16期富士・伊豆地域文化塾」(全1回)「文化遺産とまちづくり〜文化遺産と共に暮らす地域」
    • 3月 行田市教育委員会文化財保護課「世界遺産講演会」(全1回)「世界遺産の現状と課題
    • 4月 愛媛県宇和島市等主催2007「四国へんろ道文化」フォーラム基調講演「四国いやしの文化〜四国霊場八十八ケ所と遍路道〜」
  • 2008年(平成20年)1月 岐阜県各務原市教育委員会主催 各務原市生涯学習フォーラム2008 基調講演「美しい都市・未来への継承 にっぽんの世界遺産」
  • 2009年(平成21年)2月 岩手県一戸町教育委員会主催 世界遺産暫定リスト登載記念講演会「世界遺産と地域づくり」
  • 2014年(平成26年)10月 台湾・嘉義県文化観光局主催国際ワークショップ 世界遺産潜力点 阿里山森林鉄道の保全計画 「世界遺産の現状と課題-台湾からも世界遺産を-」

その他[編集]

  • 2001年(平成13年)
    • 1月 北海道弟子屈町商工会青年部 勉強会「〜摩周湖〜世界遺産化への道」
    • 11月 鳥取青年会議所 SAKYU座談会「世界遺産とまちづくり」
    • 11月 摩周湖世界遺産登録実行委員会 ""摩周湖シンポジウム基調講演「北の世界遺産・摩周湖への道〜北海道から世界へ〜」""
  • 2004年(平成16年)
    • 7月 クラブツーリズム中国五千年倶楽部 「世界遺産プラザ・オープン記念講座」(全8回) 新たに「世界遺産リスト」に登録された世界遺産について
    • 8月 クラブツーリズム関西「世界遺産プラザ大阪 プレオープン講座」(全4回) 2004年新登録の世界遺産とその知られざる魅力
    • 9月 庄内地域づくり研究会 ""平成16年度第1回まちづくり研究会講演(全1回) 「庄内地域の景観について」""
  • 2005年(平成17年)
    • 1月 関西日豪協会 ""オーストラリア・デイ祝賀会講演(全1回)「オーストラリアの世界遺産と関西との交流」""
    • 1〜3月 大阪毎日文化センター 平成17年1〜3月 「特別公開講座 世界遺産遊学カレッジ」(全6回)
    • 5月 JTB 「JTB世界遺産学びの旅 特別セミナー」(全1回) 南アフリカの世界遺産とその魅力
    • 7月 (社)島根大田青年会議所  ""夢のある地域づくり実践事業講演(全1回) 世界遺産と夢のある地域づくり 〜地域の観光ネットワークの確立を目指して〜 ""
    • 8月 日本旅行 "日本旅行創業100周年記念 世界遺産セミナー"(全3回) 古都京都の文化財(京都府、滋賀県)""
    • 8月 道新オホーツク政経文化懇話会 "北海道新聞社北見支社主催 道新オホーツク政経文化懇話会講演(全1回) 世界遺産が地域を拓(ひら)く"
  • 2006年(平成18年)
    • 10月 ACCU世界遺産教室(全3回)"「世界遺産を通じて地理を学ぶ」(奈良県立桜井商業高校)、「世界遺産を通じた国際理解とコミュニケーション」(奈良県立高取国際高校)、「世界遺産と地域創世」(奈良県立西の京高校)
    • 10月 財団法人とくしま地域政策研究所/徳島ユネスコ協会(全1回)世界遺産セミナー2006「四国いやしの文化〜四国霊場八十八ケ所と遍路道〜世界遺産登録の実現に向けての指針」
    • 10月 読売新聞主催 富士山シンポジウム基調講演「世界文化遺産に向けて」
    • 12月 愛媛県商工会議所女性会会員研修会(全1回)「『四国霊場八十八ケ所と遍路道』の文化的景観〜世界文化遺産登録の実現に向けて」
  • 2007年(平成19年)
    • 1月 東京湾海堡ファンクラブ海堡シンポジウム基調講演「世界遺産と東京湾海堡」
    • 2月 新潟県観光復興戦略会議主催新潟県の観光を考えるラインミーティング基調講演「世界遺産の現状と課題-世界遺産に育てる夢と魅力のある地域づくり」
    • 2月 高知県商工会議所女性会連合会会員研修会(全1回)「世界遺産登録実現への道程と民間の役割〜行政との協働会議設置と行動計画策定の提案〜」
    • 2月 「石川県に世界遺産を」推進会議主催(全1回)「めざそう!世界遺産」 キャンペーン 金沢の文化遺産セミナー」基調講演「城下町金沢」の課題
    • 3月 富士山の文化的景観を考える会主催シンポジウム基調講演「富士山の文化的景観を考える」
    • 4月 富士青年会議所創立50周年事業特別企画基調講演「世界遺産で富士市が変わる」
    • 9月 パシフィック・ヴィーナス「日本が誇る世界自然遺産<知床、白神山地、屋久島>の地をめぐる旅」解説
    • 11月 第3回世界自然遺産会議(ICWNH)Presentation「The Sustainable Development of World Natural Heritage-Importance of World Heritage Education-」
    • 11月 串間青年会議所主催くしま歴史浪漫パネルディスカッション「歴史浪漫によるまちづくり」
  • 2008年(平成20年)
    • 1月 行田商工会議所主催新春講演会「世界遺産とまちづくり」
    • 3月 チャーミング・スクウェア舞子主催 世界遺産の旅
    • 4月 日本クルーズ客船主Pacific Venus2008年世界一周クルーズ「エーゲ海と地中海の世界遺産を航く」
    • 4月 社団法人伊都青年会議所主催 「世界遺産の“今”」
    • 4月 ひろでん中国新聞旅行主催 ひろでん中国新聞旅行 文化講座 「世界遺産の旅」
    • 10月 (社)つくし青年会議所主催「筑紫ルネッサンス第四章〜世界遺産登録への道〜」 「世界遺産基準のまちづくり」
  • 2009年(平成21年)
    • 1月 専門図書館協議会関東地区協議会事務局主催 平成21年新春講演会 「世界遺産の今とこれから」
  • 2011年(平成23年)
    • 10月 経済同友会産業懇談会第1火曜グループ10月例会 「世界遺産の現状と日本の課題〜平泉・小笠原諸島の世界遺産登録を振り返って〜」
    • 11月 社団法人射水青年会議所11月度公開例会「まちの魅力は市民の魅力 世界遺産から学ぶまちづくり〜素敵な未来のために今できること〜」
    • 12月 経済同友会同友クラブ「世界遺産の今とこれから」
  • 2012年(平成24年)
    • 6月 東京広島県人会フォーラム 「ユネスコ世界遺産の今とこれから」
  • 2013年(平成25年)
    • 11月 一般社団法人日本から台湾の世界遺産登録を応援する会「台湾にも世界遺産を!!-世界遺産登録への道しるべ-」
  • 2014年(平成26年)
    • 1月 世界人権宣言大阪連絡会議主催 第357回国際人権規約連続学習会「ユネスコ世界記憶遺産とは何か?」
    • 1月 岩国西ロータリークラブ1月例会「世界遺産と錦帯橋」
    • 2月 大阪ユネスコ協会・関西ハンガリー交流協会共催 新年会「世界遺産の最近の話題あれこれ」
    • 6月 一般社団法人広島県計量協会定時総会「これからの世界遺産の話題あれこれ」
    • 7月 日本国際連合協会関西本部総会「富岡製糸場と絹産業遺産群などユネスコ遺産の話題あれこれ」
    • 8月 一般社団法人日本人形協会総会「ユネスコ遺産の話題あれこれ」
    • 10月 錦帯橋を世界文化遺産に推す会主催「錦帯橋世界文化遺産登録への道標と戦略を探る」
  • 2015年(平成27年)
    • 1月 にっぽん丸 東南アジアクルーズ 船内での世界遺産講座「①マカオなど近年の世界遺産の特色と魅力」
    • 1月 にっぽん丸 東南アジアクルーズ 船内での世界遺産講座「②フエの建築物群などベトナムの世界遺産の魅力と特質」
    • 1月 にっぽん丸 東南アジアクルーズ 船内での世界遺産講座「③世界自然遺産・キナバル公園とプエルト・プリンセサ地底川国立公園の魅力と特質」
    • 1月 にっぽん丸 東南アジアクルーズ 船内での世界遺産講座「④これからの世界遺産の話題あれこれ」
    • 2月 広島県経営者協会設立記念講演会「世界遺産の話題あれこれ」
    • 3月 にっぽん丸 小笠原と硫黄島クルーズ 船内での世界遺産講座「①世界自然遺産・小笠原諸島の特質と魅力」
    • 3月 にっぽん丸 小笠原と硫黄島クルーズ 船内での世界遺産講座「②最近の世界遺産の話題あれこれ」
    • 5月 台湾・金瓜石鉱山と関連集落 「日本の世界遺産などユネスコ遺産の近況」
  • 2016年(平成28年)
    • 3月 雛祭り普及協会主催 日本の世界遺産写真展と講演会&トーク「ユネスコ遺産の今とこれから」
    • 5月 日商岩井社友会講演会「ユネスコ遺産の今後の話題とこれから-長崎の教会群・国立西洋美術館・山鉾屋台行事など-」
    • 7月 TDE昼食講演会「ユネスコ世界遺産の現状と今後」
    • 10月 杭州市人民政府・中国新聞社共催「首届中国大運河国際高峰論壇」「世界遺産と持続可能な観光の発展-日本の世界遺産地の事例など」
  • 2017年(平成29年)
    • 2月 呉グリーンライオンズクラブ例会講演「世界遺産都市・Kureの実現をめざして」
    • 4月 富山県高岡青年会議所4月例会講演「世界のTAKAOKA遺産を活かしたまちづくり」

個展[編集]

  • 出版活動25年の歩み展(2015年)
  • 出版活動20年の歩み展(2010年)
  • 世界遺産写真展-海外と日本の至宝 100の記憶-(2010年〜2016年巡回) 岩手県一戸町、大阪府堺市、富山県射水市、福岡県福岡市、広島県呉市、新潟県新潟市、広島県広島市

TVへの出演歴[編集]

  • テレビ朝日 くりぃむVS林修!超クイズサバイバー3時間スペシャル 世遺産事典(2017年6月28日)
  • NHK福岡 ロクいち! ニュース 「神宿る島」沖の島(2017年5月8日)
  • TBSテレビ Nスタ  トクする!3コマニュース 暗雲? 福岡沖ノ島を世界遺産へ 地元困惑 その理由は?(2017年5月8日) 
  • テレビ朝日「グッド!モーニング  明快!まとめるパネル 「神宿る島」沖の島(2017年5月8日)
  • NHK福岡 ロクいち! ニュース 世界遺産への道のり「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群({}神宿る島」沖の島(2017年4月4日)
  • 広島テレビ「ひろおく便り」「世羅町「お試し暮らし」体験してみませんか」(2016年7月4日)
  • TBSテレビ「ひるおび」『「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群』(2015年7月29日)
  • テレビ朝日「グッド!モーニング 『「世界遺産」に黄色信号? 韓国 “切り崩し工作” 明治日本の産業革命遺産』」 (2015年6月12日)
  • テレビ朝日「スーパーJチャンネル」『世界遺産・三保松原・観光客増で…羽衣の松がピンチ』(2015年5月11日)
  • 関西テレビ「ゆうがたLIVEワンダー うぃ〜くワンダー『百舌鳥・古市古墳群』」(2015年5月8日)
  • テレビ朝日「グッド!モーニング 『明治日本の産業革命遺産』」 (2015年5月6日)
  • TBSテレビ「NEWS23『明治日本の産業革命遺産』」(2015年5月5日)
  • TBSテレビ「Nスタ ニュース『明治日本の産業革命遺産』」(2015年5月5日) 
  • TBSテレビ「ひるおび」 『明治日本の産業革命遺産』(2015年5月5日)
  • テレビ朝日「ワイド!スクランブル 『明治日本の産業革命遺産』」 (2015年5月5日)
  • フジテレビ「めざましテレビ・アクア」 『富岡製糸場に続け!世界遺産候補地を調査』(2014年5月9日)
  • TBSテレビ「ひるおび」 『歓喜"パーフェクトに近い勧告"富岡製糸場・世界遺産へ』(2014年4月28日)
  • フジテレビ「めざましテレビ・セブン」 『富岡製糸場が世界遺産登録へ』(2014年4月28日)
  • NHK総合 「ゆうどき」<行ってみたい>『レンガが息づく港町(広島県呉市)』(2014年4月11日)
  • NHK総合「ウイークエンド関西」「西日本の旅」レンガが息づく町〜広島県呉市〜(2014年4月5日)
  • NHK総合「おはようちゅうごく」「西日本の旅」レンガが息づく町〜広島県呉市〜(2014年4月5日)
  • NHK総合「おはよう四国」「西日本の旅」レンガが息づく町〜広島県呉市〜(2014年4月5日)
  • NHK総合「おはようサタデー九州沖縄」「西日本の旅」レンガが息づく町〜広島県呉市〜(2014年4月5日)
  • TBSテレビ「Nスタ ニュース『和食:日本人の伝統的な食文化』」(2013年10月23日)
  • テレビ朝日「モーニングバード! 『調査員が現地で調査 世界遺産登録目指す富岡製糸場』」 (2013年9月26日)
  • NBC長崎放送「報道センターニュース『産業革命遺産』世界遺産に推薦決定」 (2013年9月17日)
  • TBSテレビ「ひるおび」 祝! 富士山世界遺産に歓喜の瞬間を 完全取材 異例の“50分間”審議逆転! 三保松原も登録(2013年6月24日) 
  • 日本テレビ「スッキリ!!」富士山世界文化遺産に登録 歓喜の瞬間と取材で見えた課題(2013年6月24日) 
  • TBSテレビ「ひるおび!『富士山』」(2013年5月3日) 
  • BS朝日テレビ「午後のニュース・ルーム『富士山・武家の古都鎌倉』」(2013年5月2日) 
  • テレビ朝日「モーニングバード! 『富士山が「世界遺産」へ 「三保松原」は除外・・巻き返しは』」 (2013年5月2日)
  • TBSテレビ「NEWS23『富士山・武家の古都鎌倉』」(2013年5月1日) 
  • テレビ朝日「ANNスーパーJチャンネル ニュース『富士山・武家の古都鎌倉』」(2013年5月1日) .
  • TBSテレビ「Nスタ ニュース『富士山・武家の古都鎌倉』」(2013年5月1日) 
  • TBSテレビ「ひるおび!『悲願の世界遺産登録へ 富士山19年の挑戦実る』」(2013年5月1日) 
  • フジテレビ「めざましテレビ『富士山・武家の古都鎌倉』」(2013年5月1日) 
  • フジテレビ「めざにゅ〜」MEZA NEWS(2013年5月1日)
  • NHK徳島放送局「とく6徳島『阿波遍路道』」(2012年11月16日)
  • テレビ朝日「やじうまテレビ!『ニュース解説』」(2012年2月24日)
  • フジテレビ「スーパーニュース『富士山に鎌倉…どうなる世界遺産』」(2011年7月27日)
  • フジテレビ「めざましテレビ『世界農業遺産』」(2011年6月13日)
  • テレビ岩手「ザ・ナビゲーター6『岩手の文化を生かす!』」(2009年3月21日)
  • 関西テレビ「ニュース『百舌鳥古墳群』」(2007年10月11日)
  • NHK「ふるさと発『検証 世界遺産への道〜島根・石見銀山遺跡〜』」(2007年7月13日)
  • フジテレビ「特ダネ」月曜日『それが答だ』」(2007年1月29日)
  • フジテレビ「カスベ『世界の超絶景』」(2006年5月23日)
  • フジテレビ「めざましテレビ『世界無形文化遺産』」(2005年11月28日)
  • 静岡第一テレビ「ドキュメント静岡『富士山の光と影』」(2005年11月19日)
  • エイジング・ジャパン『わが町の世界遺産』」(アットエム)(2005年9月)
  • わたらせテレビ(足利ケーブルテレビ)(2005年2月)
  • エイジング・ジャパン「『わが町の世界遺産』」 (アットエム)(2005年2月)
  • テレビ大阪「経済発見」(2004年8月1日放送)
  • Uzbekistan Television(May、2002)

ラジオへの出演歴[編集]

  • TOKYO FM ニュース番組「TIME LINE」『世界遺産とユネスコの限界』(2016年8月17日)
  • Tokyo FM「TIME LINE」『フォーカス』世界記憶遺産をめぐる、表と裏 (2015年10月15日)
  • JーWAVE「THE CUTTING EDGE」 『日本のものづくりの原点・富岡製糸場』 (2014年4月28日)
  • 東海ラジオ「夕焼けナビ」《聞きナビ》「富士山」世界遺産登録決定について(2) (2013年6月25日) 
  • 東海ラジオ「夕焼けナビ」《聞きナビ》「富士山」世界遺産登録決定について(1) (2013年6月24日) 
  • TBSラジオ「森本毅郎 スタンバイ!」現場にアタック『富士山を維持するための「入山料」には、色々な意味がある』(2013年5月6日)
  • 東海ラジオ放送「安蒜豊三 夕焼けナビ」<聞きナビ>(2012年2月13日放送)
  • FMはつかいち「eco De ナイト」(2012年1月11日放送)
  • FM NACK5(79.5MHz)「夕焼けシャトル きょうの押さえドコ」(2011年6月28日放送) 
  • FM COCOLO765 「COCOLO Earth Colors Chinese edition」(2011年4月12日放送)
  • RKB毎日放送「中西一清スタミナラジオ」 ドイツの世界遺産〜産業遺産について(2009年4月30日放送)
  • NHKラジオ第一「土曜ジャーナル」世界遺産登録で富士山は変わるのか〜富士山の将来像を探る〜(2008年2月23日放送)
  • NHKラジオ第1 NHKジャーナル(2007年6月29日放送)
  • ニッポン放送「森永卓郎と垣花正の朝はニッポン一番ノリ!」(2007年3月12日放送)
  • 富士コミュニティエフエム放送「プロジェクト・チーム富士山」(2005年11月11日放送)
  • TokyoFM「6sense Direct Hit」(2005年7月27日放送)
  • ニッポン放送「森永卓郎、朝はニッポン一番乗り」(2005年7月12日放送)
  • NHKラジオ第1 あさいちばん ニュースアップ(2005年6月14日放送)
  • J-WAVE「ASIENCE SPIRIT OF ASIA  アジアが誇る世界遺産 ASIAN ENERGY」(2005年6月5日放送)
  • 中部日本放送(CBC)「小堀勝啓の心にブギブギ 心にレレレ」(2003年10月7日放送)
  • エフエム富士「ON THE FREEWAY」(2001年8月19日放送)
  • RKB毎日放送「スタミナラジオ」(2000年6月5日放送)

関連の新聞記事[編集]

  • 朝日新聞(広島版 2002年7月13日)
  • 毎日新聞(奈良版 2001年4月26日)
  • 朝日新聞(奈良版 2001年4月27日)
  • 産経新聞(奈良版 2001年4月27日)
  • 奈良新聞(奈良版 2001年4月27日)
  • 北海道新聞(2002年8月17日夕刊)
  • 東奥日報(2002年8月23日夕刊)
  • 北海道新聞(釧路・根室版 2001年11月19日)
  • 釧路新聞(2001年11月22日)
  • 朝鮮新報(2004年6月30日)<高句麗壁画古墳世界遺産登録>「かけがえのない地球の自然と文化財を後世に」
  • 産経新聞(ECONET 2004年7月14日)
  • 北陸中日新聞「検証 世界遺産への道」(2004年8月7日、10日)
  • 朝日新聞(庄内版 2004年9月27日)
  • 山形新聞(2004年9月27日)
  • 荘内日報(2004年9月28日)
  • 北海道新聞「特集 世界遺産と知床」(2004年11月24日)
  • 朝日新聞「be Report 全国の主な世界遺産登録運動の動き」(2004年12月4日)
  • 旬刊旅行新聞「世界遺産」(2004年12月11・21日)
  • 佐賀新聞(2004年12月22日)
  • 北海道新聞「世界遺産登録へ 審判待つ大地・知床半島」(2005年1月1日)
  • 北海道新聞「海域保護国際的流れ 調和型漁業に認証制度も 知床」(2005年3月3日)
  • 毎日新聞「難問山積の知床」(2005年3月21日)
  • 北海道新聞「知床 世界遺産への道」(2005年5月7日)
  • 北海道新聞「知床から 世界遺産への道 恋するスケソウ(6)」(2005年5月21日)
  • 北海道新聞(2005年5月28日)
  • 北海道新聞(2005年6月1日)
  • 毎日新聞夕刊「特集WORLD 授業時間・世界遺産」(2005年6月20日)
  • 中日新聞「核心 世界遺産、1年目の苦行 熊野古道消えぬ落書き」(2005年6月26日)
  • 北海道新聞「知床の世界遺産審査 危機遺産に時間費やす 慎重な議事も理由」(2005年7月14日)
  • 日本経済新聞「世界遺産「知床に続け」登録運動で街づくり」(2005年7月18日)
  • 山陰中央新報「石見銀山憲章設け保護基金を 登録後の対策提案」(2005年7月27日)
  • 北海道新聞「知床世界遺産 管理で行政一元化を」(2005年8月9日)
  • 北海道新聞「知床世界遺産 世界遺産が地域を拓く(上)」(北見版 2005年8月12日)
  • 北海道新聞「知床世界遺産 世界遺産が地域を拓く(下)」(北見版 2005年8月13日)
  • 共同通信社京都支局「二条城の損傷「放置」指導受けても計画作らず 京都市、財政難理由に」(2005年8月23日)
  • 中国新聞「ニートと呼ばれる若者について考えるパネルディスカッション 呉三津田高校」(呉・東広島版 2005年10月8日)
  • 読売新聞「白川郷・五箇山世界遺産十周年 世界遺産の里から-次代への課題-」(北陸支社富山版 2005年12月6日)
  • 静岡新聞(2006年1月1日 別刷り第三部 富士山特集)
  • 読売新聞(2006年1月29日 日曜版カルチャーランKing)
  • 東京新聞、中日新聞、北陸中日新聞(2006年6月25日 サンデー版大図解「日本の世界遺産」)
  • 毎日新聞「守り生かす;世界遺産登録2年 人と自然がなす景観」(2006年7月21日)
  • 毎日新聞「論点 脅威に対抗する知恵を」(2006年8月5日)
  • 読売新聞「富士山シンポジウム2006」(2006年10月18日)
  • 徳島新聞「遍路文化 世界遺産に「行政の後押し不可欠」」(2006年10月25日)
  • 朝日新聞「天橋立柱に丹後文化、世界遺産へ」(2006年12月1日)
  • 京都新聞「天橋立、物語で全国発信」(2006年12月1日)
  • 中国新聞「原爆ドーム・厳島神社世界遺産10年」(2006年12月4日)
  • 毎日新聞えひめ版「遍路道の魅力を見つめ直す」(2006年12月13日)
  • 愛媛新聞「遍路の文化 世界へ」(2006年12月16日)
  • 読売新聞「環境ルネサンス 日本の自然遺産」(2007年1月20日)
  • 高知新聞「四国霊場 世界遺産になる『実現2020年代か』」(2007年2月8日)
  • 新潟日報「地域の観光連携探る」(2007年2月18日)
  • 産経新聞「世界遺産候補地争い激化」(2007年2月25日)
  • 新潟日報「世界遺産に育てる夢と魅力のある地域づくり 県民総意で遺産を磨け」(2007年3月10日)
  • 北國新聞「有形、無形の文化が融合 夢と魅力ある地域づくり」(2007年3月16日)
  • 毎日新聞「富士山のごみ まだ残る」(2007年5月4日)
  • 毎日新聞「石見銀山への「世界遺産」延期勧告◇登録急がず「価値」伝えよ 誤解招けば地元、不幸に」(2007年5月22日)
  • 愛媛新聞「世界遺産化 課題は?」(2007年6月18日)
  • 朝日新聞「世界遺産、登録はゴール?」(2007年7月3日)
  • The Asahi Shimbun「Weekend Beat/ UNESCO's World Heritage sites: Communities hope to emulate Iwami silver mine's good fortune」(2007年7月28日)
  • 山陰経済ウイークリー「世界遺産の煌めき〜経済インフラとしての石見銀山」(2007年8月7日)
  • 岩手日報「正念場の平泉 世界遺産への道 浄土思想の具現 独自性いかに説明」(2007年8月16日)
  • 朝日新聞岩手県版「世界遺産委 数増え「厳選傾向」」(2007年8月29日)
  • 読売新聞北海道版「世界遺産狭き門 常呂・標津竪穴住居跡群」(2007年10月8日)
  • 読売新聞埼玉県版「埼玉古墳群 世界遺産道のり険し」(2007年10月14日)
  • 朝日新聞夕刊「世界遺産の足元で」②④(2007年12月3日、5日)
  • 読売新聞山梨・静岡版「世界遺産への道」【5】登録活動の゛産物゛(2008年2月6日)
  • 西日本新聞「世界遺産めざして 『登録へ市民の努力を』」(2008年2月18日)
  • 長崎新聞「教会群登録へシンポで意見 周辺の面的管理重要・観光客マナー向上を」(2008年2月18日)
  • 北海道新聞「知床世界遺産 IUCN調査終了 厳しい指摘で「激励」」(2008年2月23日)
  • 朝日新聞岩手版「平泉 浄土思想はユネスコ憲章そのもの」(2008年3月4日)
  • 読売新聞中部版「世界遺産の熊野古道・八鬼山」(2008年4月26日)
  • 読売新聞岩手版「イコモス勧告ずれ込みも 平泉の文化遺産」(2008年5月20日)
  • 読売新聞岩手版「「正念場これから」世界遺産委員会まで残り5週間」(2008年5月24日)
  • 朝日新聞岩手版「「逆転登録」なお全力 平泉」(2008年5月24日)
  • 岩手日報「平泉の試練 イコモス「登録延期」③文化的価値 試される発信能力」(2008年5月26日)
  • 北海道新聞「知床世界遺産 調査団報告書で称賛「期待込められた」勧告に地元前向き」(2008年6月6日)
  • 朝日新聞岩手版「世界遺産総合研究所・古田陽久所長に聞く」(2008年6月6日)
  • 東京新聞「上野の国立西洋美術館 『街おこし』へなるか世界遺産」(2008年6月20日)
  • 朝日新聞岩手版「平泉 世界遺産見送り 審議内容「再現」(2008年7月8日)
  • 読売新聞岩手版「世界遺産へ平泉再審査 戦略見直し必至」(2008年7月9日)
  • 岩手日報「大変だが希望ある」(2008年7月9日)
  • 毎日新聞「世界遺産狂想曲:平泉にみる課題/4 問われる条約の理念」(2008年7月11日)
  • 朝日新聞岩手版 構成資産めぐり難題(2008年7月10日)
  • 毎日新聞「世界遺産狂想曲:平泉にみる課題/番外編 推薦書の説得力不足」(2008年7月12日)
  • 読売新聞「宮島 原始林に赤ペンキ」(2008年7月13日)
  • 日加タイムス(2008年8月1日)
  • 北海道新聞札幌圏版「北海道・北東北の縄文遺跡群 世界遺産「価値」示せるか」(2008年10月2日) 
  • 毎日新聞福岡都市圏版つくし青年会議所 研修会:「世界遺産登録への道」(2008年10月4日) 
  • 埼玉新聞 「他候補と統合で可能性も埼玉古墳群・世界遺産への道」(2008年10月16日) 
  • 西日本新聞「文化遺産でまちづくりを つくしJCが「筑紫ルネッサンス」 史跡見学や講演会に150人」(2008年10月27日) 
  • 山梨日日新聞「環境保全の誓い新たに 富士山憲章10周年で記念フォーラム」(2008年11月19日) 
  • 中日新聞「貴重な富士山を未来に継承 憲章制定10周年フォーラム」(2008年11月19日) 
  • 岩手日報「遺産登録へ町民一丸 御所野遺跡暫定リスト登載」(2009年2月10日) 
  • 朝日新聞 鹿児島版「奄美「減らせ天敵」/世界遺産へむけて」(2009年2月25日) 
  • 西日本新聞夕刊「『海の正倉院』に開発余波?福岡空港海上案懸念の声」(2009年3月6日) 
  • 岩手日報「遺産登録の推進役に 一戸・御所野遺跡 研究員5人に辞令」(2009年4月29日) 
  • 中日新聞「熊野古道抗議文 世界遺産の「影」消える」(2009年7月10日)
  • Seoul Culture Today「韓国の世界文化遺産登録」(2009年8月13日)
  • 東京新聞、中日新聞、北陸中日新聞(2009年8月23日)サンデー版大図解「守りたい 人類の宝 危機遺産」
  • 北海道新聞「週刊フムフム大図解「危機遺産」」(2009年9月12日)
  • 山梨日日新聞「富士山世界遺産の功罪テーマに討論 富士五湖青年会議所」(2009年9月20日)
  • 岩手日報夕刊「日報論壇 御所野縄文遺跡の保存」(2009年10月1日)
  • 岩手日報「平泉を希望の光に 世界遺産登録へ迫るイコモス勧告」(2011年5月6日)
  • 岩手日報 日報論壇「世界遺産登録は出発点」(2011年5月14日)
  • 朝日新聞 みちのくワイド 「奥州・平泉 世界遺産へ」(2011年6月14日)
  • 杭州日報「杭州西湖」(2011年6月29日) 
  • 朝日新聞山梨版「富士山世界遺産登録 推薦書原案最終決定」(2011年7月23日)
  • THE JAPAN TIMES "World Heritage listing has its price"(TUESDAY, OCTOBER 4, 2011)
  • 朝日新聞山梨版「富士の麓で」 日米共同訓練〈下〉(2011年10月10日)
  • 北海道新聞朝刊「マリモの起源 阿寒湖を世界遺産に 釧路市など運動開始」(2012年1月5日)
  • 日本経済新聞朝刊「世界遺産 いいことずくめ?」(2012年1月7日)
  • 西日本新聞朝刊「世界記憶遺産の全貌紹介」(2012年1月25日)
  • 西日本新聞朝刊文化欄 コラム 風車 「MOWデータ・ブック」(2012年1月27日)
  • 中国新聞朝刊「世界記憶遺産データ網羅 被爆資料の登録提言も」(2012年2月2日)
  • 北海道新聞夕刊「利尻・礼文・サロベツ原野/大雪山と日高山脈 世界遺産暫定リスト入りを」(2012年2月10日)
  • 毎日新聞朝刊「こんにちは広島 世界記憶遺産データ・ブックを発刊、「負の遺産」多いが貴重なものばかり」(2012年2月14日)
  • 岩手日報【日報論壇】「復興への記録を後世に」(2012年4月2日)
  • 中国新聞朝刊【今を読む】「世界遺産条約40年の節目」(2012年6月19日)
  • 山陰中央新報朝刊【談論風発】「石見銀山」世界遺産5周年/7月2日を登録記念日に」(2012年7月7日)
  • 東京新聞朝刊「世界遺産レース し烈」(2012年7月14日)
  • 北國新聞朝刊「めざそう!世界遺産 『城下町金沢』と『霊峰白山』実現へ可能性探る 13日・金沢でセミナー」(2012年10月2日)
  • 北國新聞朝刊「ユネスコ前事務局長が講演 世界遺産セミナー」(2012年10月14日)
  • 朝日新聞夕刊「平城宮跡整備「異議あり」」(2012年11月21日)
  • 東京新聞朝刊「三保松原「遠さ」で除外」(2013年5月2日)
  • 読売新聞朝刊「富士山周辺 「開発規制」どこまで」(2013年5月2日) 
  • 読売新聞静岡版朝刊「三保松原 離れすぎ違和感か」(2013年5月2日)
  • 毎日新聞静岡版朝刊「三保松原の波紋<中>」(2013年5月3日)
  • 週刊文春(文藝春秋)「世界遺産 富士山で地割れ・崩落・河口湖渇水に「噴火可能性100%」(2013年5月16日号<5月8日発売>)
  • 北海道新聞夕刊「富士山/鎌倉 明と暗」(2013年5月10日)
  • 河北新報朝刊「世界遺産登録 国際的理解に知恵絞れ」(2013年5月23日)
  • 中日新聞朝刊「富士よ世界へ」 国内遺産に学ぶ 教育に活用、誇り育む(2013年6月22日) 
  • 中国新聞朝刊 オピニオン【言】「富士山登録 浮かれずに」(2013年7月17日)
  • 静岡新聞朝刊「富士山の課題検証 都内で世界遺産シンポ」(2013年11月4日)
  • 山陰中央新報朝刊【談論風発】「隠岐」の魅力を世界へ(2013年11月23日)  
  • 台湾週報「東京で「知られざる台湾の世界遺産候補地の魅力展」が開催」(2013年11月29日)  
  • 台湾新聞「台灣世界遺產潛力點魅力展 台灣人偶現身聲援」(2013年11月29日) 
  • 日刊いわくに「錦帯橋の世界遺産登録 市民の熱意を」(2014年1月29日)  
  • 読売新聞朝刊九州・山口総合面 「2015年世界記憶遺産候補」の特集記事 (2014年4月9日)
  • 読売新聞朝刊 解説面 「記憶遺産 中韓に後れ 国内選考 欠ける戦略」 (2014年6月18日)
  • 東京新聞朝刊 「富岡製糸場 世界遺産に 魅力発信・継承へ課題」 (2014年6月22日)
  • 朝日新聞夕刊 「あのときそれから世界遺産」 (2014年9月20日)
  • 台湾・中央日報 「日本申遺經驗交流分享 阿里山世界遺產國際交流工作坊開跑」(2014年10月3日)
  • 台湾・101新聞網 「日本分享阿里山世界遺產國際交流工作坊開跑」」(2014年10月3日)
  • 日刊いわくに「きょう商議所 世界遺産研究の先駆者 古田陽久氏迎えてミニ講演」(2014年10月22日)
  • 山口新聞朝刊「世界文化遺産に登録へ戦略探る」(2014年10月23日)
  • 日刊いわくに「世界遺産への戦略 まずは暫定リスト目標」(2014年10月24日)
  • 週刊新潮(新潮社)「「世界遺産」10年の根回しと韓国の破壊工作」(2015年5月21日号<5月13日発売>)
  • 女性セブン(小学館)「世界遺産で笑う人、泣く人」(2015年6月4日号<5月21日発売>)
  • 中国新聞朝刊「原爆文学 記憶遺産化探る」(2015年6月14日)
  • 週刊女性(主婦と生活社)<特集>「その道のプロが教えるアレ」「NEXT世界遺産の地」(2015年6月30日号<6月16日発売>)
  • 毎日新聞朝刊広島版 原爆文学:「強みある」 記憶遺産登録へシンポ (2015年6月16日)
  • 朝日新聞朝刊 文化の扉 「負の世界遺産」(2015年6月21日)
  • 日本経済新聞朝刊 広告「世界の記憶遺産60」<幻冬舎>(2015年7月11日)
  • 毎日新聞朝刊 広告「世界の記憶遺産60」<幻冬舎>(2015年7月12日)
  • 週刊新潮(新潮社)この期に及んで世界遺産登録に異を唱える「寺脇研」と朝日新聞(2015年7月30日号<7月23日発売>)
  • 東京新聞朝刊 こちら特報部 いま学びたい「記憶遺産」 「教科書に載らない歴史」に迫る(2015年7月30日)
  • 朝日新聞朝刊 教育 世界遺産 大学で「体感」 地元の人の「価値共有」が大切(2015年8月1日)
  • 週刊朝日≪話題の新刊≫世界の記憶遺産60(2015年8月14日号<8月7日発売>)
  • 読売新聞朝刊 露が「抑留」資料取り下げ要請 日本は応じぬ姿勢(2015年10月18日)
  • 中国新聞朝刊 読書 郷土の本 「世界の記憶遺産60」(幻冬舎) 記憶遺産紹介 多様性に魅力(2015年10月18日)
  • 月刊文藝春秋 南京が「世界遺産」ユネスコはおかしい ノンフィクション作家 奥野修司(2015年12月号<11月10日発売>)
  • 朝日新聞朝刊 世界遺産・絹の道 東へ続け 日韓「ルート延伸を」(2016年3月8日)
  • 日本経済新聞朝刊 くらし「地元の世界遺産 小学生の「教材」に」(2016年6月16日夕刊/17日朝刊)  
  • 京都新聞朝刊「保全の難しさ 浮き彫り」(2016年7月18日)  
  • 岩手日報「保全の難しさ 顕在化」(2016年7月18日)  
  • 日刊宗谷「ちょっと暮らしで稚内満喫」(2016年7月31日)  
  • 東京新聞朝刊 こちら特報部「問われる保全の覚悟」(2016年8月1日)  
  • 稚内プレス「ちょっと暮らし5日まで下勇知で」(2016年8月2日)  
  • 中国新聞朝刊「世界遺産の審査数削減 ユネスコ検討 年45件を25件に」(2016年8月17日) 
  • 每日頭條「大咖來啦,「星光熠熠」的運河大會後天就開幕」(2016年10月19日) 
  • 中新网-中国新闻网、新浪首页、香港新浪、壹讀「世遺專家為大運河保護支招:建設環保型遺產旅遊」(2016年10月22日)
  • 每日頭條「世界遺產與旅遊開發相矛盾嗎?」(2016年10月22日)
  • 読売新聞朝刊広島版 ニュース深新「世界遺産 高い海外人気」(2016年12月8日)
  • 読売新聞朝刊長崎版 200年の絆 朝鮮通信使 ➄平和外交 世界へアピール(2017年1月8日)
  • 東京新聞朝刊 こちら特報部 山本地方創生相「がんは学芸員」発言 文化より観光?異論噴出(2017年4月18日)
  • 朝日新聞朝刊 教えて! 世界遺産 ①外交努力で逆転登録も(2017年6月28日)
  • 朝日新聞朝刊 教えて! 世界遺産 ②登録には、どんな効果や課題があるの?(2017年6月29日)
  • 読売新聞朝刊九州・山口総合崎版 世界遺産神宿る島 伝え、守る④ 登録数抑制、ハードル高く(2017年9月19日)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.273

関連項目[編集]

外部リンク[編集]