立松ふさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
立松 ふさ
生誕 1891年3月23日
出身地 日本の旗 日本東京亀戸
死没 (1992-11-16) 1992年11月16日(101歳没)
ジャンル 声楽
職業 声楽家

立松 ふさ(たてまつ ふさ、1891年3月23日 - 1992年11月16日)は日本の声楽家。声種はソプラノ。旧姓は薗部。夫は司法官の立松懐清[1]朴烈事件の関連で免官された)、次男は読売新聞記者の立松和博(売春汚職事件の報道で一時逮捕されその後自殺した)。名は房子とも表記する。

東京音楽学校にてハンカ・シェルデルップ・ペツォルトの指導を受け、1913年に同校を卒業。1915年から1944年まで同校声楽講師。1952年から1968年まで武蔵野音楽大学教授。1968年に勲四等瑞宝章を受章。

立松に師事した著名な声楽家・歌手として、関鑑子渡辺はま子がいる。

レコード録音[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新撰 芸能人物事典 明治~平成

参考文献[編集]

  • 渡辺はま子「私の先生を語る―立松房子」(講談社、月刊「婦人倶楽部」1936年12月号所載)
  • 野村光一「楽壇随想」(ビクター出版社、1931年)