永井郁子 (声楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永井郁子

永井 郁子(ながい いくこ、1893年8月30日 - 1983年1月28日)は日本のソプラノ歌手である。大正から昭和にかけて活躍した。

1915年秋に山田耕筰と結婚したが翌年に離婚した。1925年11月1日の帝国ホテル演芸場におけるリサイタルを皮切りに、クラシック音楽の声楽曲を原語ではなく日本語の訳詞で歌うという試みをおこない、帝国劇場報知講堂大阪朝日会館京都岡崎公会堂などで演奏会を開き、賛否両論を呼んだ。1926年には宮城道雄の歌曲をピアノの伴奏ではなく邦楽器の伴奏で歌い、話題になったこともある。レコードに『春のあした』(1925年)、『ブラームスの子守歌』『カルメン・ミカエラの歌』『庭の千草』(いずれも1926年)、『秋草』(1927年)などがある。