私の国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
私の国
脚本 チェ・スンデ
演出 キム・ジンウォン
出演者 ヤン・セジョン
ウ・ドファン
ソリョン
チャン・ヒョク
国・地域 大韓民国の旗 韓国
言語 朝鮮語
時代設定 高麗末期-朝鮮初期
放送
放送チャンネルJTBC
放送国・地域大韓民国の旗 韓国
放送期間2019年10月4日-11月23日
テンプレートを表示
私の国
各種表記
ハングル 나의 나라
発音 ナエ ナラ
日本語読み: わたしのくに
テンプレートを表示

私の国』(わたしのくに、: 나의 나라:My country:The New Age)は、2019年10月4日から11月23日まで放送された韓国JTBCテレビドラマ高麗末期から朝鮮王朝時代へと激動の変革になっていく中、生き残りに賭けた男の戦いを描く。最高視聴率は、4.989%。日本では、KNTVWOWOWで放送された。ウ・ドファンにとって初の時代劇挑戦となった[1]

あらすじ[編集]

時は、高麗末期。弓の名手で処刑された罪人を父に持つソ・フィ(ヤン・セジョン)と政治高官の父を持ちながら、母が奴碑であることと、嫡男を亡くしたことの原因を押し付けられたナム・ソノ(ウ・ドファン)。二人は、ライバルでありながら親友でもあった。そんな中、父王に高麗を倒すために協力したが、世子は、異母弟にされ憎悪するイ・バンウォンチャン・ヒョク)。やがて三人の運命は、地獄へと変わってゆく[2]

キャスト[編集]

()内は、吹き替え版声優。

弓の名手。父を武士に持っていたが、何らかの不正により、処刑されてしまった。ソノとはライバルでありながら、親友でもある。
政治家の息子であるが、庶子のために認められない。フィとは、ライバルと共に親友であった。
ヒロイン、妓生の娘。役人から追われていたフィやソノと出会う。
後の朝鮮第三代王・太宗。異母弟が世子に冊立されたことに対し、憎悪する。
バンウォンの父。朝鮮を建国した初代王。
ソノの父で、朝鮮建国に協力した忠臣。

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

以上、高麗末期-朝鮮初期を舞台としたテレビドラマ。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]