石濱純太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石濱 純太郎
人物情報
生誕 (1888-11-10) 1888年11月10日
日本の旗 日本大阪府
死没 1968年2月11日(1968-02-11)(79歳)
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 東洋史
研究機関 関西大学
テンプレートを表示

石濱 純太郎(いしはま じゅんたろう、1888年11月10日 - 1968年2月11日)は、日本東洋史学者、関西大学名誉教授。石浜、石濱など、複数の漢字表記が見られるが、正式には「石濵」である。

人物[編集]

大阪府出身。東京帝国大学卒。東洋の古語と西域出土の仏典、古文献の研究者として活動した。

龍谷大学講師を務め、また関西大学では助教授、教授(1949年就任)を務めた他、1953年には日本西蔵(チベット)学会会長に就任。1957年「支那学論攷」で文学博士号が贈られる。

1959年、関西大学教授を定年により退任、名誉教授に就任。ニコライ・ネフスキーと共に西夏語を研究。

旧制大阪府立市岡中学校(現・大阪府立市岡高等学校)で画家の小出楢重、作曲家の信時潔と同級。作家の織田作之助とは長年に亘り親交が深かった。

四万冊を超える東洋学関係の蔵書は、大阪大学に「石濱文庫」として保存されている[1]

親族[編集]

著書[編集]

  • 敦煌石室の遺書 私家版 1925
  • 大阪漢學大会研究報告 (編)典籍之研究社 1938
  • 富永仲基 創元社「創元選書」 1940
  • 欧米に於ける支那研究に就て 南満洲鉄道大阪事務所 1941
  • 浪華儒林伝 全国書房 1942
  • 支那學論攷 全国書房 1943
  • 東洋學の話 創元社 1943
  • 續・東洋學の話 臨川書店「映日叢書」 2018。遺文集・高田時雄編

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 石浜先生還暦記念論文集 第1-2集 関西大学東西学術研究所 1954-1958
  • 東洋学論叢 石浜先生古稀記念会 1958

脚注[編集]

  1. ^ 大阪大学図書館報 vol.43 no.3

参考[編集]

  • 日本人名大辞典