石濱純太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石濱 純太郎
人物情報
生誕 (1888-11-10) 1888年11月10日
日本の旗 日本大阪府
死没 1968年2月11日(1968-02-11)(79歳)
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 東洋史
研究機関 関西大学
テンプレートを表示

石濱 純太郎(いしはま じゅんたろう、1888年明治21年〉11月10日 - 1968年昭和43年〉2月11日)は、日本東洋史学者、関西大学名誉教授。石浜、石濱など、複数の漢字表記が見られるが、正式には「石濵」である。

人物[編集]

大阪府出身、住吉区墨江二丁目在住[1]泊園書院(現・ 関西大学)を経て[2]東京帝国大学卒。東洋の古語と西域出土の仏典、古文献の研究者として活動した。

大阪外国語学校(のちの大阪外国語大学。現大阪大学外国語学部)で結成した大阪東洋学会を、1927年昭和2年)にニコライ・ネフスキー、高橋盛孝、浅井恵倫、笹谷良造らとともに発展させ「静安学社」に改名。静安学社の名は、結成直近に亡くなった西夏学王国維の字の静安からとったものであった。西夏語を研究を始める。

龍谷大学講師を務め、また関西大学では助教授教授1949年就任)を務めた他、1953年には日本西蔵(チベット)学会会長に就任。1957年「支那学論攷」で文学博士号が贈られる。

1959年、関西大学教授を定年により退任、名誉教授に就任。

大阪府立市岡中学校(旧制中学校。現・大阪府立市岡高等学校)で画家の小出楢重、作曲家の信時潔と同級。作家の織田作之助とは長年に亘り親交が深かった[1]

4万冊を超える東洋学関係の蔵書は、大阪大学に「石濱文庫」として保存されている[3]

親族[編集]

著書[編集]

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 石浜先生還暦記念論文集 第1-2集 関西大学東西学術研究所、1954年-1958年
  • 東洋学論叢 石浜先生古稀記念会、1958年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考[編集]

  • 日本人名大辞典