石井庄司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石井 庄司(いしい しょうじ、1900年7月15日-2000年10月5日)は、国文学者、国語教育者、俳人。

奈良県生駒郡生まれ。俳号・桐陰郡山中学校卒、東京高等師範学校卒、1928年京都帝国大学文学部国文科卒、29年同大学院文学研究科修了。

東京女子高等師範学校教授、東京高師教授、戦後は東京教育大学教授、1961年「近代国語教育論史」で東京教育大文学博士。1964年定年退官、東海大学教授、82年退職。

1970年勲三等旭日中綬章受勲。文部省国語審議会会員。 万葉集を研究し、東京高師入学と同時に大塚講話会に入り、口演童話、お話旅行などで活動した。また1918年郡山中学英語教師の原田浜人の指導で俳句を始め、原石鼎に師事して「鹿火屋」「ホトトギス」に投句。京大三高俳句会では鈴鹿野風呂に師事し、1926年「京鹿子」同人。戦後は「若葉」「春嶺」「橘」の同人。[1]

著書[編集]

  • 『国文学と国語教育』文学社 1936
  • 『近代名家俳句鑑賞 附・俳句の作り方』育英書院 1940
  • 『古典の探求』第一書房 1943
  • 『古典考究』第一書房 1944
  • 志賀直哉ノオト』斎藤書店 1948
  • 『新国文の研究 新制学習』山海堂 1949
  • 『手紙の書き方』同和春秋社 中学生の文芸教室 1951
  • 『国語科教育法』誠文堂新光社 教職教養シリーズ 1953
  • 『世界めぐり』吾妻萱平絵 日本書房 学級文庫 1957
  • 古事記物語』羽石光志絵 同和春秋社 日本名作物語 1959
  • 『国語教育の指標』明治図書出版 現代教育全書 1960
  • 『小学校国語教師のために』東洋館出版社 1960
  • 『中学校国語教師のために』東洋館出版社 1960
  • 『詩歌のことば論議』東京美術 1977
  • 『春一番』石井桐陰 東京美術 若葉叢書 1978
  • 『国語教育』誠文堂新光社 新・教職教養シリーズ 1979
  • 『自註現代俳句シリーズ 石井桐陰集』俳人協会 1981
  • 『俳句の文法論議』東京美術 1982
  • 『近代国語教育論史』教育出版センター 国語教育叢書 1983
  • 秋桜子俳句と奈良大和路』東京美術選書 1988

共編著・校訂[編集]

  • 『万葉集総釈 第2』吉沢義則共著 楽浪書院 1935
  • 『万葉集の綜合研究 第1輯』佐佐木信綱共編 改造社 1935
  • 『国民学校と家庭 お話の実例と其の指導』樫葉勇共著 日本両親再教育会 1941
  • 『国語の教育計画』大村浜共著 習文社 これからの国語教育のために 1953
  • 『国語科図説』倉沢栄吉共編著 岩崎書店 図説全集 1955
  • 『日本古典全書 万葉集』全5巻 佐伯梅友,藤森朋夫共校註 朝日新聞社 1954-57
  • 『角川漢和辞典』佐伯梅友共編 角川書店 1956
  • 『文法学習の範囲と系統』共編 明治図書出版 1959
  • 『機構と反応を生かした読解教材の研究』倉沢栄吉共編 東洋館出版社 1960
  • 『実践講座国語教育』全9巻 共編 牧書店 1960
  • 『中学校国語科指導細案』編 明治図書出版 1961
  • 『新国語辞典』小西甚一共編 大修館書店 1963
  • 『教養のための日本の文学』編 東海大学出版会 1971
  • 垣内松三『国文学史 形象理論の原点』筆録・校訂 教育出版 シリーズ名講義ノート 1976
  • 『常用漢和辞典』編 学習研究社 1976
  • 『常用国語辞典』編 学習研究社 1976
  • 『新現代文の重点研究』藤岡改造共著 三省堂 1989

[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典