樫葉勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

樫葉勇(かしば いさむ、1896年-1978年12月11日[1])は、童話作者、幼児教育者。 和歌山県生まれ。和歌山師範学校卒、日本大学卒、1921年から30年にかけて、東京下町で貧児の教育に携わる。1937年童話教育会を創立。機関誌『童話教育』を発行。口演童話の研究と普及に尽力。樫の実幼稚園園長、白梅学園短期大学教授。[2]

著書[編集]

  • 『愛国の水 修身童話』紅玉堂書店 面白い学習叢書 1925
  • 『童話と国語教育』湯川駒治郎 1925
  • 『新実演お話集 第2集 猫の卵』隆文館 1926
  • 『すずめの裁判 理科童話』紅玉堂書店 面白い学習叢書 1926
  • 『徳目準拠実演修身例話資料 1・2年の巻,3・4年の巻,5・6年の巻』教育研究会 1924-26
  • 『例話中心細目兼用尋一修身教授の実際』三友社 1927
  • 『例話の活用を主としたる尋二修身教授実際』三友社書店 1930
  • 『ドイツ物語』三友社 1938
  • 『童話研究者のために 話方を中心として』童話教育社 1939
  • 『国史を貫く神社物語』中川書店 1943
  • 『保育童話 話し方と新選お話集』白眉学芸社 1972
  • 『お母さんと先生の手帖 子どもを考える』白眉学芸社 1974

共編著[編集]

  • 『新修身教授と訓練の実際 徳目の系統的解説』東繁一共著 文録社 1927
  • 『いぬはりこ』安倍季雄共編 家の教育社 1936
  • 『国民学校と家庭 お話の実例と其の指導』石井庄司共著 日本両親再教育会 1941
  • 『読んできかせる自然に親しむ童話集』今石秀子共著 白眉学芸社 1965

[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 20世紀日本人名事典