藤森朋夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤森朋夫(ふじもり ともお、1898年7月18日-1969年8月29日)は、歌人、国文学者。

長野県諏訪郡四賀村(現・諏訪市)出身。長野県諏訪中学校(現・長野県諏訪清陵高等学校)を経て、1925年に東京高等師範学校卒業、1929年東北帝国大学文学部国文科卒業。陸軍大学教授となる。戦時中は群馬県に疎開した。

1923年「アララギ」に加わり、島木赤彦斎藤茂吉に師事。『万葉集』を中心とした上代文学を研究。1956年から1961年まで『茂吉研究』を発行。日本大学教授、東京女子大学教授、1964年定年退任、名誉教授。[1]

著書[編集]

  • 『冬岡 歌集』羽田書店 アララギ叢書 1942
  • 『笹群 歌集』千日書房 アララギ叢書 1948
  • 『日本文学史』金子書房 1954
  • 『近代秀歌』明治書院 1959
編著
  • 『斎藤茂吉の人間と芸術』編 羽田書店 1951

校注[編集]

  • 『万葉集新選』中島光風共校註 大倉広文堂 1934
  • 『万葉集総釈 巻第8』楽浪書院 1935
  • 『万葉集 新註』編 明治書院 1953
  • 堤中納言物語新解』佐伯梅友共著 明治書院 1954
  • 『日本古典全書 万葉集』全5巻 佐伯梅友,石井庄司共校註 朝日新聞社 1954-57

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典

参考文献[編集]