矢田万寿男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢田 万寿男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県倉吉市
生年月日 (1961-07-27) 1961年7月27日(57歳)
身長
体重
178 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1979年 ドラフト4位
初出場 1980年11月8日
最終出場 1980年11月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

矢田 万寿男(やた ますお、1961年7月27日 - )は、鳥取県倉吉市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

倉吉北高校では、2年生の時に一塁手として1978年夏の甲子園に出場。1回戦で川又米利のいた早稲田実業を降し2回戦に進むが、高知商森浩二に抑えられ敗退[1]。3年生時はエースとして春の選抜に出場。静岡高高松商を連破して準々決勝に進む。しかし石井毅嶋田宗彦のバッテリーを擁し、この大会に優勝する箕島高に敗れた[2]。同年夏の甲子園県予選は準決勝で境高に敗退。高校同期に谷川哲也がいる。

1979年プロ野球ドラフト会議阪急ブレーブスから4位指名され入団。しかし一軍での登板は1980年の1試合だけに留まり、1984年限りで引退した。引退後は、1985年から1988年まで阪急で、続いて1989年から1990年までオリックスで打撃投手を務めた。

右オーバースローの本格派で、ウェートを乗せたストレートには威力があった。変化球としては落ちるカーブ、シュートを武器とした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1980 阪急 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 3.0 7 0 0 0 0 2 0 0 3 3 9.00 2.33
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 3.0 7 0 0 0 0 2 0 0 3 3 9.00 2.33

記録[編集]

背番号[編集]

  • 63 (1980年 - 1982年)
  • 52 (1983年 - 1984年)
  • 87 (1985年 - 1988年)
  • 105 (1989年 - 1990年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]