谷川哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷川 哲也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県東伯郡三朝町
生年月日 (1961-09-24) 1961年9月24日(56歳)
身長
体重
177 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
トレーナー・コンディショニングコーチ歴

谷川 哲也(たにがわ てつや、1961年9月24日 - )は、鳥取県出身の元プロ野球コーチ。

経歴[編集]

倉吉北高校2年の時、1978年夏の第60回全国高等学校野球選手権大会に出場。早稲田実業を3-2で破り2回戦に進出した。

新チームでは主将および1番打者を務め、1979年春の第51回選抜高等学校野球大会に出場、静岡高を1-0、高松商高を7-4と連破して準々決勝に進出している。高松商高戦の1回表に初回先頭打者本塁打を放って注目された。

1979年夏の県大会では、準決勝で境高に7-8で敗れ、春夏連続の甲子園出場はならなかった。

高校卒業後は、社会人野球川崎製鉄水島で野球を続けたが、故障もあって十分な活躍ができないまま退社。その後、自らが故障に苦しんだ体験からスポーツ医学を志して、東京衛生学園専門学校に進学し研鑽を深めた。

その後、スポーツプログラムス社を経て日本石油のトレーナーを務め、1995年第66回都市対抗野球大会でのチームの優勝に貢献、さらに1996年アトランタオリンピックでは全日本チームのトレーナーも務め、選手のフィジカル面で銀メダル獲得に大きく貢献した。

こうした実績が注目され、1997年から2003年までプロ野球ヤクルトスワローズの二軍トレーナー、次いで2004年から2009年まで横浜ベイスターズの二軍・湘南シーレックスのストレングス&コンディショニングチーフコーチを務めた。

2010年にはJFE東日本のトレーナーを務め[1]2011年にはJX-ENEOSのトレーナーに復帰している[2]

背番号[編集]

  • 82 (1997年 - 2003年)
  • 89 (2004年 - 2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 谷川トレーナー 15年ぶりアマ球界に復帰
  2. ^ 第82回都市対抗野球大会

関連項目[編集]