田中健藏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 健藏(たなか けんぞう、1922年11月7日 - 2015年2月11日)は、日本病理学者外科医。第17代九州大学総長

人物・経歴[編集]

東京市日本橋区生まれ。関東大震災後に移住し、長崎県佐世保市育ち[1][2]。1940年旧制長崎県立佐世保中学校卒業。1942年旧制佐賀高等学校卒業。1946年九州大学医学部卒業、外科学教室第1講座入局。1948年九州大学大学院特別研究生前期修了。1949年九州大学医学部助手。1951年医学博士。1953年九州大学医学部講師。同年九州大学医学部助教授。1960年フルブライト・プログラムハーバード大学医学部に留学。1963年九州大学医学部教授。1975年九州大学医学部長。1981年九州大学総長、国立大学協会理事。1982年大学基準協会理事、産業医科大学理事、文部省大学設置審議会委員。1985年西日本国際財団理事、アジア太平洋博覧会テーマ委員会委員長、九州・山口地域企業育成基金理事。1986年国立大学協会副会長、九州大学名誉教授。1987年九州厚生年金病院顧問、福岡日英協会常任理事、文部省大学審議会大学教育部会長。1989年文部省中央教育審議会委員、総合研究大学院大学運営審議会委員、九州交響楽団理事長、九州システムアカデミー代表取締役社長、ガリオア・フルブライト同窓会理事・九州同窓会支部長、国際東アジア研究センター理事長、九州産業技術センター理事。1990年福岡都市圏ボーイスカウト振興会会長、九州学園理事、北九州国際交流協会評議員。1991年福岡歯科学園理事、九州市民大学学長、学位授与機構評議員。1992年福岡大学評議員、ユニバーシアード福岡大会市民の会会長、九州ゴルフ倶楽部八幡コース理事長、福岡歯科学園理事長。1993年日本私立大学協会理事、福岡スポーツマンクラブ会長。1994年日本私立大学協会常務理事、アトル監査役、旭硝子財団理事、椎木正和記念アジア留学生奨学基金運営委員長。1995年アビスパ福岡後援会長、富士レビオ顧問。1996年福岡音楽学院後援会会長、福岡上海倶楽部理事、学士会評議員、勲一等瑞宝章受章[3]。1997年九州フィンランド協会会長、新日鐵八幡記念病院理事、TNC文化大学学長。1998年福岡市総合図書館館長、社会福祉法人桜花会理事・評議員、日本会議福岡会長。1999年福岡ロータリークラブ会長。2002年社会福祉法人学而会理事長。2007年全国日本学士会アカデミア賞受賞[1][4]。没後、叙従三位[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「追悼文 日本病理学会名誉会員 故田中健藏先生」 日本病理学会
  2. ^ 8月3日付で田中健藏理事長を再任 福岡学園 任期は3年 ふくおか経済2014/08/19
  3. ^ 『官報』号外243号、平成8年11月5日
  4. ^ 「田中健蔵【学校法人福岡歯科学園理事長】 文化部門」 全国日本学士会
  5. ^ 『官報』第6494号、平成27年3月18日
先代
福岡歯科学園を改組
福岡学園理事長
2011年 - 2015年
次代
水田祥代
先代
問田直幹
九州市民大学学長
1991年 - 2007年
次代
梶山千里
先代
古川哲二
九州大学医学部長
1975年 - 1976年
次代
倉恒匡徳