菊池勇夫 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菊池勇夫(きくち いさお、1898年6月21日 - 1975年7月13日)は、日本の法学者九州大学名誉教授日本学士院会員。

経歴[編集]

岩手県遠野出身。第一高等学校卒、東京帝国大学法学部卒。副手、1924年ILO東京支局職員、1926年欧米に学ぶ。1928年九州帝国大学助教授、1929年教授、1943-1945年法文学部長、1949年九大総長。1953年日本学士院会員。日本労働法学会初代代表理事。労働法に業績があった。

著編著[編集]

著書[編集]

  • 『日本労働立法の発展』有斐閣 1942 社会経済法論集
  • 『労働法の主要問題』有斐閣 1943 社会経済法論集
  • 労働組合法の解説 労働組合とはどんなものか』日本産業協議会出版部 1946
  • 社会法の基本問題 労働法・社会保障法経済法の体系』有斐閣 1968
  • 『戦後労働法の二十年 評論と随想』一粒社 1969
  • 『社会保障法の形成』有斐閣 1970
  • 『世界の中の労働法 評論と随想』一粒社 1971

共編著[編集]

  • 『社会法綜説 労働法・社会保障法・経済法』編 有斐閣 1959
  • 『労働協約の実務』藤林敬三共編 ダイヤモンド社 1960
  • 『労働法大意』林迪広共編 1968 有斐閣双書
  • 『全訂労働組合法 附・労働法(抄)』林迪広共著 日本評論社 1984 

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大事典:[1]
  • 九州大学教授菊池勇夫先生還暦記念論文集序「法政研究」1959:[2]