溝口直正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
溝口直正

溝口 直正(みぞぐち なおまさ、安政2年[1]2月25日1855年4月11日) - 大正8年(1919年10月17日)は、幕末維新期の大名華族越後新発田藩の第12代(最後)の藩主。第11代藩主溝口直溥の四男。幼名は誠之進。大名としての官位は従五位下伯耆守。維新後は伯爵。位階はのち従二位まで昇進した。母は側室で西村氏の娘。正室は旧近江大溝藩分部光貞の娘久爾子、継室は某氏。

生涯[編集]

新発田で生まれる。慶応3年(1867年8月28日、父・直溥の隠居に伴い家督を継ぐ。同年10月、諸大名に上京が命じられるが、幼少のため名代として家老・窪田平兵衛が京都に赴く。同4年(1868年)2月、藩兵を上京させ御所警衛を行う。のちにこの藩兵は東征軍参加を命じられた。同月、直正は江戸を発ち、翌月に新発田に入る。5月、周辺諸藩の圧力もあり、やむなく新発田藩は奥羽越列藩同盟に参加する。しかし領民の蜂起等もあって新発田藩兵の行動は不徹底であり、これを憤った同盟側は新発田城に兵を向け、藩主・直正を下関(現新潟県関川村)の米沢藩本営に呼び出して人質に取ろうとしたが、これまた領民の蜂起にあって直正の下関訪問は阻止された。この間、同盟側の要求を受けて藩兵を同盟軍につけることとなり、新発田城攻撃は回避された。7月、新政府軍が軍艦で領内に上陸すると、直正は家老らとともに新政府軍の軍艦に同乗して柏崎の本営に至り、総督宮に拝謁して三条まで供奉した。これ以後、新発田藩兵は一転して新政府側として行動することとなる。戦争終結後、新発田城には総督府本営が置かれ、藩兵も各地の警衛にあたった。

明治元年(1868年)11月、直正は東京に至り明治天皇に拝謁、12月に従五位下伯耆守に叙任された。同月、上知された米沢藩などの旧領の預かり支配を命じられる。明治2年(1869年)6月、版籍奉還が容れられ知藩事となる。明治3年(1870年)4月には領内巡視を行う。7月には9万石に及ぶ大規模な村替えを命じられる。この間、積極的な藩政改革が進められるが、明治4年(1871年)7月、廃藩置県により直正は知藩事の職を免ぜられ、以後東京に住む。

知藩事免職後は、一時宮内省式部寮に出仕した。明治17年(1884年)には華族令により伯爵となる。大正8年(1919年)7月17日に隠居し[2]、同年10月17日、東京において数え年65歳にして薨去せらる。墓所は東京駒込吉祥寺[3]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

子女[編集]

この他にも、小林某の妻となった娘、側室の子などが数人居る。

脚注[編集]

  1. ^ 自身の履歴書による。新発田藩「御記録」(『新発田市史資料第一巻 新発田藩史料(1)』所収)では安政3年とする。
  2. ^ 『官報』第2088号、大正8年7月21日。
  3. ^ 以上の経歴は『新発田市史』下巻などによる
  4. ^ 『官報』第172号「叙任」1884年1月28日。
  5. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
新発田溝口家初代
1884年 - 1919年
次代:
溝口直亮