熾仁親王妃董子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熾仁親王妃董子
Arisugawanomiyahi.jpg
熾仁親王妃董子
続柄 溝口直與次女→溝口直溥養女

身位 親王妃
敬称 殿下
出生 1855年6月25日
日本の旗 日本
死去 (1923-02-07) 1923年2月7日(67歳没)
配偶者 有栖川宮熾仁親王
子女 なし
父親 実父:溝口直與・養父:溝口直博
役職 東京慈恵医院幹事長
テンプレートを表示

熾仁親王妃董子(たるひとしんのうひ ただこ、1855年6月25日安政2年5月12日) - 1923年大正12年)2月7日)は、明治時代から大正時代にかけての皇族有栖川宮熾仁親王の2番目の親王妃である。

生涯[編集]

1855年6月25日(安政2年5月12日)、第10代越後新発田藩溝口直諒の六男・直與の次女として生まれ、その後伯父・直溥の養女となる。幼名は栄姫[1]

1873年(明治6年)、貞子妃を病気で亡くした熾仁親王と結婚する。董子は、夫と共に佐野常民らを助けて博愛社(後の日本赤十字社)の創設に尽くし、東京慈恵医院幹事長を10年間務めた。1923年(大正12年)2月7日に67歳で薨去した。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 官報』第1605号「叙任及辞令」明治21年11月2日