分部光貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
分部光貞
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化13年(1816年
死没 明治3年4月12日1870年5月12日
改名 虎之助(幼名)→渋川(姓)→分部光貞
戒名 大亮院殿橒嶺道峻大居士
墓所 滋賀県高島市大溝の円光寺
官位 従五位上若狭守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定家茂慶喜明治天皇
近江大溝藩
氏族 板倉氏分部氏
父母 父:板倉勝尚、養父:分部光寧
兄弟 板倉勝明光貞、鎌之助、板倉勝殷
池田長溥
光謙(次男)、久爾子(溝口直正正室)

分部 光貞(わけべ みつさだ)は、江戸時代後期の大名近江国大溝藩11代藩主。分部家12代。維新後は藩知事

略歴[編集]

文化13年(1816年)、上野国安中藩4代藩主・板倉勝尚の次男として誕生。板倉家の部屋住の際は、渋川姓を称した。

文政13年(1830年)9月15日、10代藩主・分部光寧の養嗣子となる。天保2年(1831年)1月15日、11代将軍・徳川家斉に拝謁する。同年3月10日、養父・光寧の隠居により跡を継いだ。天保3年(1832年)12月16日、従五位下若狭守に叙任する。文久3年(1863年)の八月十八日の政変では京都の守備を務めた。その功績を孝明天皇に賞賛されて、金子を与えられている。

明治2年(1869年)の版籍奉還で藩知事となるが、翌年4月12日に死去。享年55。跡を次男・光謙が継いだ。