板倉勝尚 (安中藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
板倉勝尚
時代 江戸時代後期
生誕 天明5年(1785年
死没 文政3年8月26日1820年10月2日
改名 鶴五郎・百助(幼名)、勝尚
別名 (号)甘雨、綽山、裕山堂、白雲山人
戒名 瑞光院張学源文
墓所 愛知県西尾市貝吹町の長円寺
官位 従五位下、伊予
幕府 江戸幕府
上野安中藩
氏族 板倉氏
父母 父:板倉勝政、母:飯田氏
養父:板倉勝意
正室:阿部正倫の娘
勝明分部光貞勝殷

板倉 勝尚(いたくら かつなお)は、上野安中藩の第4代藩主。重形系板倉家6代。は「かつひさ」とも。

天明5年(1785年)、備中松山藩第4代藩主板倉勝政の五男として生まれ、安中藩第3代藩主板倉勝意の養子となる。文化元年12月、将軍徳川家斉に拝謁する。文化2年(1805年)5月12日、養父の死去により跡を継いだ。教養に造詣の深い藩主であり、文化5年(1808年)3月には藩校・造士館を創設する。また、勝尚自身の著作も「悼山吟草」や「水雲問答」など、多数残されている。藩政においては、藩財政再建のために倹約を行なっている。

文化7年9月、奏者番に就任する。文政3年(1820年)8月26日(または9月7日)に死去した。享年36。跡を長男の勝明が継いだ。