溝口宣勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
溝口宣勝
Mizoguchi Nobukatsu.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正10年(1582年
死没 寛永5年10月29日1628年11月24日
改名 久三郎→秀信→宣勝
別名 主膳正(通称
戒名 傑岑善英松嶽寺
(松嶽寺殿前伯州大守傑岑善英大居士とも)
墓所 東京都文京区吉祥寺
官位 従五位下伯耆守
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉徳川家康秀忠家光
越後新発田藩
氏族 溝口氏
父母 父:溝口秀勝
母:長井源七郎娘・瑞雲院
兄弟 宣勝善勝、瑞亭院、藤堂高吉正室、
土橋光景室、女子、糸姫
正室:堀秀政娘・長寿院
宣直宣秋宣俊宣知、蝶姫、
林清院、桐葉院

溝口 宣勝(みぞぐち のぶかつ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名越後国新発田藩2代藩主。

生涯[編集]

天正10年(1582年若狭国高浜(現福井県高浜町)に生まれる。始め父・溝口秀勝と共に豊臣秀吉に仕え、慶長2年(1597年)に秀吉の偏諱を受けて秀信と称す。のち宣勝と改める。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いに際しては、上杉景勝に扇動された上杉遺民一揆を父と共に制圧した。

慶長15年(1610年)、父の死により跡を継いだ。このとき、溝口家は6万石の大名であったが、宣勝は相続にあたって弟の善勝に1万2000石を分与して沢海藩を立てさせたため、新発田藩の石高は5万石となった(2000石分は新田開発によるもの)。このとき善勝は、生前に父から分与されていた5000石の領地を兄・宣勝に返し、自らはわずかの領地を改めて分与されたいと申し出たが、宣勝は「自分は家督を継いで国元に行くが、善勝は江戸に留まるので領地が少なくては奉公を勤められない」と言って承知しなかった。これを聞いた徳川秀忠は感心して、上述の通りの分与を申しつけたという逸話が伝わっている。

宣勝は治世を通じて積極的な新田開発を行ない、1万5500石を新たに得た。宣勝の死後、この1万5500石は次男・宣秋、三男・宣俊、四男・宣知の3人の息子にそれぞれ分与され、嫡男の宣直が継いだ新発田藩の石高はやはり5万石であった。

慶長20年/元和元年(1615年)の大坂の陣では松平忠輝に属して出陣した。寛永5年(1628年10月29日、江戸において47歳で歿して江戸神田吉祥寺(のち駒込に移り東京都文京区本駒込に現存)に葬られ、同寺は江戸における同家代々の葬地となった。

系譜[編集]