池田市立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Library) w.svg 池田市立図書館
Ikeda City Library
Flag of Ikeda, Osaka.svg
施設情報
専門分野 総合
事業主体 池田市
管理運営 池田市教育委員会
開館 1962年昭和37年)8月3日
所在地 池田市(2館)
ISIL JP-1002211
統計情報
蔵書数 392,582 冊(2017年時点)
貸出数 748,436 冊(2017年)
来館者数 441,691 人(2017年)
条例 池田市立図書館条例
公式サイト lib-ikedacity.jp
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示
Japanese Map symbol (Library) w.svg 池田市立図書館 本館

施設情報
専門分野 総合
管理運営 池田市教育委員会
延床面積 1,441.72 m2
開館 2019年5月1日
所在地 563-0048
池田市呉服町1-1 サンシティ池田
位置 北緯34度49分17.5秒 東経135度25分29.6秒 / 北緯34.821528度 東経135.424889度 / 34.821528; 135.424889
ISIL JP-1002211
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館

使用していない標準の引数があります。引数の追加は以下を参照

テンプレートを表示
Japanese Map symbol (Library) w.svg 石橋プラザ
Ishibashi Plaza

施設情報
専門分野 総合
管理運営 池田市教育委員会
延床面積 382 m2
開館 1998年2月7日
所在地 563-0032
池田市石橋2丁目1番1号 リヴァーサイドビル
位置 北緯34度48分35.6秒 東経135度26分41.5秒 / 北緯34.809889度 東経135.444861度 / 34.809889; 135.444861
ISIL JP-1002211
統計情報
蔵書数 43,626 冊[1](2017年時点)
貸出数 60,083 冊[1](2017年)
来館者数 130,190 人[1](2017年)
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示
池田市立図書館 旧本館
Ikeda City Library.jpg
愛称は「丘の上の図書館」
情報
構造形式 鉄筋コンクリート造[1]
敷地面積 5,236.02 m² [1]
建築面積 1,390 m² [1]建蔽率27%)
延床面積 2,512.31 m² [1]容積率48%)
階数 地下1階・地上2階建て[1]
着工 1979年6月30日[1]
竣工 1980年3月31日[1]
開館開所 1980年4月29日[1]
所在地 563-0029
大阪府池田市五月丘1丁目10番12号
座標 北緯34度49分25.9秒 東経135度26分8.8秒 / 北緯34.823861度 東経135.435778度 / 34.823861; 135.435778
テンプレートを表示

池田市立図書館(いけだしりつとしょかん、: Ikeda City Library)は、大阪府池田市にある公共図書館[2]

池田市が運営する図書館には、本館である池田市立図書館、分館である石橋プラザの他に、移動図書館のさつき号がある[2]。全館の蔵書数は 392,582 冊で、年間貸出数は 748,436 冊である(2017年度統計)[1]

歴史[編集]

1962年(昭和37年)3月31日、池田市立図書館条例が制定される。同年6月25日、新町1丁目に施設が完成し、同年8月3日に開館される。当時は館内での閲覧のみであり、蔵書冊数は 3,613 冊であった。1978年(昭和53年)5月18日、市制施行40周年の記念事業として、図書館を新たに建設するための委員会が発足する[1]

1979年(昭和54年)6月10日、図書館の起工式が行われる。1980年(昭和55年)3月31日、五月丘1丁目に図書館が完成する[1][3]。同年4月29日に開館式が行われ、同年5月1日に業務が開始される。当時の蔵書冊数は 56,000 冊であった。同月7日に移動図書館さつき号による巡回貸出が開始される[1]

1991年(平成3年)6月1日、貸出冊数の上限が3冊から5冊に変更される。1998年(平成10年)2月7日、分館の石橋プラザが石橋2丁目に開館する。当時の蔵書冊数は 15,000 冊であった。2003年(平成15年)10月1日、図書館のホームページが開設される。2007年(平成19年)12月2日、五月丘の図書館の愛称が丘の上の図書館(おかのうえのとしょかん)に決定される[1][4]

2008年(平成20年)1月1日、貸出冊数の上限が5冊から8冊に変更される。2014年(平成26年)4月1日、菅原町1丁目の中央公民館に図書コーナーが開設される。同年9月、Twitterが開始される。2015年(平成27年)3月1日、川西市の図書館との相互利用が開始される。2017年(平成29年)7月1日、北摂の7市3町による公立図書館の広域利用が開始される[1]。2018年(平成30年)12月24日、丘の上の図書館が閉館され、本館としての役割を終える。2019年(平成31年)2月28日、図書コーナーが閉鎖される[5][6][7][8]。同年5月1日、本館が呉服町に移転開館される[9]

利用案内[編集]

貸出には、利用申込みが必要であり、池田市民および池田市内に通勤・通学している者が可能となっている。 また、川西市との相互利用や北摂地域(池田市、豊中市箕面市吹田市茨木市高槻市摂津市豊能町能勢町島本町)の広域利用が行われており、当該地域に在住の場合は利用者登録を行えば図書の貸出が可能となっている[10][11]

利用申込みをすると支給される図書館カードは、本館や石橋プラザの他、移動図書館で共通に利用することができる。返却は、本館や石橋プラザの他、移動図書館のどこでも可能である。貸出冊数の上限は、8冊であり、貸出可能期間は2週間である[11][12]。移動図書館さつき号は、本館や石橋プラザの利用が地理的に難しい市の北部・南部地域を中心として、市内の十数か所を巡回している[13]

本館[編集]

池田市立図書館 本館は、池田市呉服町1番1号にある図書館である。池田市教育委員会によって管理運営されている[14]。市制施行80周年の記念事業として、2019年(令和元年)5月1日に阪急電鉄池田駅前に開館した[9][15][16][17]。蔵書数は、およそ11万冊である[17]。中央の受付カウンターに向かって右側には、文学関係の一般書、郷土資料、実用書などが配架され、左側には、新聞・雑誌、児童書、絵本などが配架されている[18]

鉄筋コンクリート造、地下1階地上12階建てのサンシティ池田の3階部分を使用しており、床面積は 1,441.72 平方メートルである[18]。建物は、駅に直結している[16]。施工は、阪急建装が担当した[19]。椅子やソファー、壁紙などは、市内にあるアルネ・ヤコブセンの専門店、ハウスオブトビアス・ヤコブセン (HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN) のものが用いられており、セブンチェアやツインスワンなどが置かれている[19][20]

丘の上の図書館は、自然の緑に囲まれた環境の中にある図書館として、およそ40年の長い間市民に親しまれてきたが、その一方で、丘陵の中腹に位置しているため、交通の利便性の高い駅前などに移転することを求める要望が多く寄せられていた。また、施設の老朽化が進行しており、大規模な改修工事が必要な時期に入っていた[3][17]。このような経緯から、丘の上の図書館を移転する形で開館された[3][9]

石橋プラザ[編集]

池田市立石橋プラザ(いけだしりついしばしプラザ、: Ishibashi Plaza)は、池田市石橋2丁目1番1号にある池田市立図書館の分館である[14][2][21]。池田市教育委員会によって管理運営されている[14]石橋阪大前駅から北西へ徒歩でおよそ3分ほど行ったところにある[21]鉄筋コンクリート造、3階建てのリヴァーサイドビルの1階部分を使用している。ビルは、国道176号沿いに立地しており、すぐ隣には箕面川が流れている[22]。床面積は 382 平方メートルである[23][1]

1997年(平成9年)7月30日に着工され、同年11月30日に完成され、1998年(平成10年)2月7日に開館した。同年6月18日に身体障害者用のトイレが設置される。同年7月1日に市民サービスコーナーが開設される。2017年(平成29年)3月31日に市民サービスコーナーが廃止される[1]

閉館した図書館[編集]

池田市立図書館 旧本館は、かつて大阪府池田市五月丘1丁目10番12号に存在した図書館である。延床面積は 2,512.31 平方メートルである。鉄筋コンクリート造、地下1階、地上2階建ての建物であり、1階には、文学関係の一般書の他に、児童書や一般雑誌が配架され、2階には、文学以外の一般書の他に、視聴覚資料、郷土資料、専門雑誌などが配架され、地階には、主に閉架書庫が置かれている[1]。池田駅から北東へ徒歩でおよそ15分ほど行ったところにある[21]

1980年(昭和55年)4月29日に、池田市立歴史民俗資料館に併設する形で開館された。2007年(平成19年)10月1日から11月5日にかけて、図書館の愛称が市民から公募され、同年12月2日に、17の案の中から「丘の上の図書館」に決定される[1][4]。2008年(平成20年)7月には、エアコンが故障したり、水道管が破裂するといった事案が発生している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 池田市の図書館活動 平成30年版 (PDF)”. 池田市立図書館. 2019年2月7日閲覧。
  2. ^ a b c 図書館FAQ”. 池田市立図書館. 2019年9月13日閲覧。
  3. ^ a b c 丘の上の図書館(本館)の移転と、移転に伴う臨時休館について”. 池田市立図書館 (2018年10月1日). 2019年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  4. ^ a b c 翔べ「丘の上の図書館」”. 池田市立図書館 (2008年8月). 2019年9月14日閲覧。
  5. ^ 平成30年12月25日以降(本館・図書コーナー移転に伴う臨時休館中)の予約本の受取りについて”. 池田市立図書館 (2018年11月30日). 2019年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  6. ^ 中央公民館図書コーナー閉鎖と予約本の受取りについて”. 池田市立図書館 (2019年2月2日). 2019年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  7. ^ 池田市立図書館・図書コーナー [@ikeda_minilib] (2019年2月27日). "2019年2月27日のツイート" (ツイート). Retrieved 2019年2月28日 – via Twitter.
  8. ^ 新図書館 まもなく(5月1日)オープンです”. 池田市立図書館 (2019年4月1日). 2019年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月2日閲覧。
  9. ^ a b c 図書館”. 池田市. 2019年9月13日閲覧。
  10. ^ 池田市・川西市 図書館の相互利用”. 池田市立図書館. 2019年9月14日閲覧。
  11. ^ a b 利用案内”. 池田市立図書館. 2019年9月14日閲覧。
  12. ^ 池田市立図書館条例施行規則”. 池田市. 2019年9月14日閲覧。
  13. ^ 移動図書館さつき号利用案内”. 池田市立図書館. 2019年9月14日閲覧。
  14. ^ a b c 池田市立図書館条例”. 池田市. 2019年9月14日閲覧。
  15. ^ 新図書館”. 池田市立図書館. 2019年9月14日閲覧。
  16. ^ a b 各館案内:本館”. 池田市立図書館. 2019年5月6日閲覧。
  17. ^ a b c 広報いけだ 2019年6月号”. 池田市. 2019年9月14日閲覧。
  18. ^ a b 館内案内図”. 池田市立図書館. 2019年9月14日閲覧。
  19. ^ a b まるで北欧! 5月開館の池田市立図書館に"アルネ・ヤコブセン"の名作家具”. リビング北摂Web. 2019年9月14日閲覧。
  20. ^ 本日、池田市立図書館 New Open!!~そしてその舞台裏~”. ハウスオブトビアス・ヤコブセン (2019年5月1日). 2019年9月14日閲覧。
  21. ^ a b c 近場であそんで、まなべるマップ”. 池田市. 2019年9月13日閲覧。
  22. ^ 石橋プラザ 図書館まつり”. 池田市立図書館. 2019年9月14日閲覧。
  23. ^ 石橋プラザ”. 池田市. 2019年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]