池田信雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 信雄(いけだ のぶお、1947年5月13日 - )は、日本のドイツ文学者東京大学名誉教授。専門は、近現代ドイツ文学研究。2014年からドイツ、バーデン=ヴュルテンベルク州のウンメンドルフに住む。

経歴[編集]

東京都中野区出身。旧姓福井。東京都立西高等学校卒業後、東京都立大学人文学部独文学科にて種村季弘川村二郎に師事し、1971年に卒業。1973年、同大学院修士課程修了。1975年、名古屋大学教養部講師、1976年から1978年まで、ボン大学とエアランゲン大学に留学。帰国後名古屋大学助教授を経て、1983年に東京大学教養学部助教授。1991年から1993年までドイツ、トリーア大学客員教授。1993年東京大学教授。2012年定年退任、名誉教授。

ドイツ・ロマン派の研究、ドイツ語授業のかたわら、現代ドイツ・オーストリア文学の紹介も行う。文学作品の翻訳のほか、ヴィム・ヴェンダースの『さすらい』、『ベルリン・天使の詩』(共訳)、『時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!』など、ドイツ映画の字幕翻訳も手がける。

著書・訳書[編集]

単著[編集]

  • 『Erikoのドイツ体験記 ビデオで綴る』 同学社、1991年
  • 『はなしのわかるドイツ文法』 朝日出版社、2002年

共著・共編著[編集]

訳書[編集]