永井哲男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永井 哲男(ながい てつお 1950年4月8日 - )は、日本政治家弁護士釧路弁護士会元会長。衆議院議員(1期)を務めた。父は日本社会党副委員長を務めた永井勝次郎

来歴[編集]

北海道北見市生まれ。東京都立日比谷高等学校を経て、1977年東北大学法学部卒業。司法修習32期を経て、1980年から弁護士開業。

1990年第39回衆議院議員総選挙北海道第5区にて日本社会党から立候補するも次点で落選。1993年第40回衆議院議員総選挙にて革新系無所属として初当選した。1996年民主党に移ったが、この年の総選挙では北海道第12区にて落選。2000年総選挙でも落選し引退。その後は北見市に法律事務所を置き、弁護士として活動。日本弁護士連合会理事、小規模弁護士会協議会の議長などを務めた。