新村源雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
新村源雄
しんむら げんゆう
生年月日 1919年10月21日
出生地 富山県婦負郡杉原村
没年月日 (1995-03-22) 1995年3月22日(満75歳没)
出身校 杉原尋常高等小学校
前職 北海道議会議員
所属政党 日本社会党
称号 勲四等旭日小綬章
配偶者

日本の旗 衆議院議員
選挙区 北海道5区
当選回数 2回
テンプレートを表示

新村 源雄(しんむら げんゆう、1919年10月21日 - 1995年3月22日)は日本政治家衆議院議員(2期)。上士幌町名誉町民。

生涯[編集]

富山県婦負郡杉原村(のちの八尾町、現富山市)出身。杉原尋常高等小学校卒業。

1933年北海道河東郡上士幌町に移住し開拓に従事。戦後農民運動のリーダーとなり、上士幌町議を2期、十勝農業協同組合監事を歴任した。1954年から1972年まで上士幌町農協組合長を務め、その間1967年から北海道議を3期務めた。

1979年第35回衆議院議員総選挙で、美濃政市の後継者として北海道5区から日本社会党公認で出馬し初当選。翌年の第36回衆議院議員総選挙では落選したものの、1983年第37回衆議院議員総選挙返り咲いた。1986年第38回衆議院議員総選挙で落選。1991年には社会党北海道本部副委員長も辞任して政界引退。1994年勲四等旭日小綬章を受章した。

1995年、胃癌のため75歳で死去。

外部リンク[編集]