正保国絵図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
正保御国絵図から転送)
移動先: 案内検索

正保国絵図(しょうほうくにえず)は、日本江戸幕府が、諸大名に命じて単位で作らせた国絵図で、これに基づき、正保日本図(日本総図)が作成された。

原本の大半と総図は、皇国地誌編纂中の1873年明治6年)、皇城火災により消失したが、複製(国立歴史民族博物館所蔵)が伝わっている。現存する国絵図は、羽後、出羽、秋田、仙北、出羽六郡、庄内三郡、新庄領、奥州南部十郡、南部領、山城、摂津、安芸、対馬、筑後、豊後[1]。また、提出もととなった各地の大名家ゆかりの原本の原本や、写本が残されている例[2]がある。

概要[編集]

正保元年(1644年)郷帳(正保郷帳)、城絵図(正保城絵図[3])などと併せて、作成が命じられた。大目付井上政重が作成責任者として事業にあたったが、完了は慶安4年(1651年)よりかなり後となった。

数年がかりで国ごとに報告書が提出され、幕府文庫である紅葉山文庫に収蔵された。作成単位は原則としてで、蝦夷地琉球についても作成されている。寛文9年(1669年)には、北条氏長を責任者として校訂事業が行われている。

幕府の国絵図事業は4回行われているが、1回目の慶長国絵図慶長9年(1604年)から、主に西日本について作成された(その後、元和3年(1617年) - 寛永15年(1638年)にかけ、数度の補遺を行っている)。正保国絵図は、2回目にあたり、全国68ヶ国についてすべて収集され、主に軍事と交通関連の情報が記載されているほか、縮尺も1/21600(1里6寸)に統一されるなど、実用性が意識されていた。

その後、元禄10年(1697年)から開始された元禄国絵図[4]では仕様の統一が図られ、天保6年(1835年)に開始され、唯一現存する天保国絵図[5]では、幕府が主体となって編纂に当たっている。

明暦3年(1657年)に、明暦の大火による被災により正保国絵図を焼失したことにより、幕府の願い出により、国絵図の再提出が行われてたことが、一部の国で確認されている[6]

脚注[編集]

  1. ^ 国絵図 リサーチナビ 国立国会図書館
  2. ^ 正保度日本総図北部北方関係資料総合目録 北海道大学
  3. ^ 正保城絵図 デジタルアーカイブ 国立公文書館
  4. ^ 元禄国絵図デジタルアーカイブ 国立公文書館
  5. ^ 天保国絵図デジタルアーカイブ 国立公文書館
  6. ^ 川村(1980)、15頁。

参考資料[編集]

  • 川村博忠「明暦大火被災による正保国絵図再提出の時期について」、『歴史地理学』第55巻第1号、歴史地理学会、2013年、 43-51頁。

関連項目[編集]