櫛野亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
櫛野 亮 Football pictogram.svg
名前
愛称 クシ、クシクン
カタカナ クシノ リョウ
ラテン文字 KUSHINO Ryo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-03-03) 1979年3月3日(38歳)
出身地 熊本県熊本市東区
身長 185cm[1]
体重 76kg[1]
選手情報
ポジション GK[1]
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2013
2007
ジェフ市原/ジェフ市原・千葉
名古屋グランパスエイト (loan)
182 (0)
6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年1月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

櫛野 亮(くしの りょう、1979年3月3日 - )は、熊本県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

高校サッカーの名門である熊本県立大津高等学校出身。3年時に第75回全国高校サッカーに出場したが1回戦で茨城県水戸商業に3-4で敗れた。

ジェフユナイテッド市原/ジェフユナイテッド市原・千葉時代[編集]

1997年ジェフユナイテッド市原に入団。入団当初は日本代表でもあった下川健一の前に出場機会に恵まれなかったが、2000年より出場機会が増加。2001年に下川が退団して以降はレギュラーに定着した。その後も正GKとしてプレーしていたが2005年8月21日柏レイソルとの「千葉ダービー」で負傷退場。以降、立石智紀にポジションを奪われ出場機会が減少。2006年はリーグ戦での出場がなかった。

2007年名古屋グランパスエイトへ期限付き移籍。しかし、日本代表でもある楢崎正剛の牙城は高くわずか6試合の出場に終わった。

2008年、ジェフに復帰。同年は岡本昌弘が台頭したため1試合の出場に終わった。立石が引退した2009年は岡本とのポジション争いとなったが11試合の出場に留まり、さらに最下位でのJ2降格も決まった。J2で迎えた2010年は岡本との争いを制し22試合出場したが4位に終わりJ1復帰はならなかった。江尻篤彦監督からドワイト・ローデヴェーヘス監督に交代した2011年は岡本が開幕からレギュラーに据えられて再び控えとなった。さらに中盤戦以降は移籍加入した大久保択生にその座を奪われ、ベンチ外の第3GKに転落した。結局1999年以来の公式戦出場ゼロに終わり、チームも2年連続でJ1復帰を逃した。木山隆之監督が就任した2012年は、第2GKとしてベンチ入りし続けていたが、7月29日ファジアーノ岡山戦で足を傷めた岡本に代わり、2年ぶりのリーグ戦出場を果たした。

2013年限りで現役を引退[1]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1997 市原 17 J 0 0 0 0 0 0 0 0
1998 0 0 0 0 0 0 0 0
1999 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2000 14 0 1 0 3 0 18 0
2001 21 0 6 0 0 0 27 0
2002 23 0 5 0 3 0 31 0
2003 30 0 3 0 3 0 36 0
2004 29 0 6 0 1 0 36 0
2005 千葉 22 0 5 0 1 0 28 0
2006 0 0 8 0 0 0 8 0
2007 名古屋 21 6 0 0 0 0 0 6 0
2008 千葉 17 1 0 0 0 1 0 2 0
2009 11 0 2 0 0 0 13 0
2010 J2 22 0 - 1 0 23 0
2011 0 0 - 0 0 0 0
2012 9 0 - 0 0 9 0
2013 0 0 - 0 0 0 0
通算 日本 J1 157 0 36 0 12 0 195 0
日本 J2 31 0 - 1 0 32 0
総通算 188 0 36 0 13 0 227 0

代表歴[編集]

指導歴[編集]

  • 2014年 - 2015年 ジェフユナイテッド市原・千葉 普及・育成コーチ
  • 2016年 - 2016年7月 ジェフユナイテッド市原・千葉U-18 GKコーチ
  • 2016年7月 - ジェフユナイテッド市原・千葉 GKコーチ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 櫛野亮選手 現役引退のお知らせ ジェフユナイテッド市原・千葉 (2013年11月6日)

関連項目[編集]