桂岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桂岡駅
桂岡駅(2008年9月)
桂岡駅(2008年9月)
かつらおか - Katsuraoka
宮越 (2.2km)
(2.1km) 中須田
所在地 北海道檜山郡上ノ国町字桂岡鉄道用地[1]
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 江差線
キロ程 68.5km(五稜郭起点)
電報略号 ツラ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
0人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1936年昭和11年)11月10日[1]
廃止年月日 2014年平成26年)5月12日
備考 路線廃止に伴う廃駅
テンプレートを表示

桂岡駅(かつらおかえき)は、かつて北海道檜山郡上ノ国町字桂岡にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)江差線電報略号ツラ

歴史[編集]

1976年の桂岡駅と周囲約500m範囲。左上が江差方面。この写真の前年に貨物取扱を廃止したためまだ貨物線の跡がはっきり残っていた。島状だが駅裏片側使用の単式ホーム1面を有し、駅舎とホーム間には貨物積卸線が敷かれて、駅舎の木古内側に貨物ホームを有していた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。車掌車改造の駅舎が置かれていた[1]

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2011 0
2012 0
2013 0

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
江差線
宮越駅 - 桂岡駅 - 中須田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『さよなら江差線』 さよなら江差線編集委員会(編集)、北海道新聞社2014年、165頁。ISBN 978-4-89453-743-9
  2. ^ “江差線(木古内・江差間)の鉄道事業廃止届の提出について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2013年4月26日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130426-1.pdf 2013年4月26日閲覧。 

関連項目[編集]