宮越駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮越駅
宮越駅舎
宮越駅舎
みやこし - Miyakoshi
湯ノ岱 (7.1km)
(2.2km) 桂岡
所在地 北海道檜山郡上ノ国町字早瀬鉄道用地[1]
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 江差線
キロ程 66.3km(五稜郭起点)
電報略号 コシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
0人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1964年昭和39年)12月30日[1]
廃止年月日 2014年平成26年)5月12日
備考 路線廃止に伴う廃駅
テンプレートを表示

宮越駅(みやこしえき)は、かつて北海道檜山郡上ノ国町早瀬にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)江差線

歴史[編集]

1976年の宮越駅と周囲約500m範囲。左が江差方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅で、開業当初から廃止されるまで無人駅だった[1]

駅舎はなく、当初プレハブの小屋が建っていたホーム脇に、1986年(昭和61年)頃に他駅から移設した待合所が設置された。かつてはトイレもあった[1]が、廃止された時点ではなくなっていた。

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2011 0
2012 1
2013 0

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
江差線
湯ノ岱駅 - 宮越駅 - 桂岡駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『さよなら江差線』 さよなら江差線編集委員会(編集)、北海道新聞社2014年、164頁。ISBN 978-4-89453-743-9
  2. ^ “江差線(木古内・江差間)の鉄道事業廃止届の提出について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2013年4月26日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130426-1.pdf 2013年4月26日閲覧。 

関連項目[編集]