松本光司 (操演技師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 光司(まつもと こうじ、1933年[1]2月1日 - 2005年[1]12月20日)は、日本特撮映画操演技師[1]東京都新宿区若松町出身。

職歴[編集]

1961年新東宝から東宝特殊技術課にの操演部に移籍[2][3]。新東宝時代は、監督の石井輝男から気に入られていたという[3]1970年4月1日、東宝美術に移籍。

1993年4月1日、定年退職。最後の参加作品は『ゴジラvsモスラ』であった[1]。「特殊美術課最後の操演師」とも称される[3]

2005年12月20日肺癌のため死去。享年72。

生前は、物を持つと、それを吊るのに必要なピアノ線の太さがわかると豪語していた[1]

担当作品[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 平成ゴジラパーフェクション 2012, p. 109, 「平成ゴジラの特撮4 操演」
  2. ^ 日本経済新聞1992年12月21日号の本人の証言
  3. ^ a b c d 白石雅彦「モスラ操演の歴史」 『別冊映画秘宝 モスラ映画大全』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年8月11日、101頁。ISBN 978-4-86248-761-2 
  4. ^ 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2020年5月15日閲覧。

参考文献[編集]