極真会館松井派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松井派から転送)
移動先: 案内検索
国際空手道連盟極真会館
KYOKUSHIN INTERNATIONAL KARATE ORGANIZATION
総本部道場
総本部道場
創立者 大山倍達
団体種類 一般財団法人
設立 1995年平成7年)4月5日
所在地 東京都豊島区西池袋2丁目38番1号
主要人物 松井章奎(館長)
活動地域 日本の旗 日本国内外
会員数 国内:50,000、海外:800,000(2015年現在の実働数)[1]
ウェブサイト http://www.kyokushinkaikan.org/
テンプレートを表示
真極
各種表記
ハングル 극진
漢字 極眞
発音 ククチン
日本語読み: しんきょく、きょくしん
英語表記: Kyokushin
テンプレートを表示

極真会館 松井派(きょくしんかいかん まついは、Kyokushin Matsui Group)は、1994年4月、極真空手の創始者・大山倍達亡き後、分裂した極真諸派[注釈 1]の中で、在日同胞を中心に組織され、在日コリアンを支援する国内外の僑胞たちによって構成された極真派閥の一つである[2]。団体名称は一般財団法人国際空手道連盟極真会館(こくさいからてどうれんめいきょくしんかいかん)[3]。通称は松井派松井館長派と呼ばれたりする。

松井派とは[編集]

1994年大山倍達逝去後、生前の大山総裁のご遺志に基づいて形成されている団体(極真会館#分裂騒動)。

館長就任後の松井は門戸開放を唱え、他団体である正道会館の大会や、K-1等の格闘技興行フランシスコ・フィリォ選手、グラウベ・フェイトーザ選手らを参加させ、格闘技ブームの一翼を担った。

また近年では、長らく絶縁状態にあった全日本空手道連盟と2020年東京五輪に向け、友好団体として協力する覚書を交わした。

大要[編集]

分裂以降、開催している大会については、大会名称、開催回数、入賞者も国際空手道連盟 極真会館の記録を引き継いでいる[4]

正統な極真会館を引き継いでいる根拠としては、団体名称を一字一句変えずに活動している事、東京・池袋に総本部を置いている事、そして恒例行事等を積み重ねて継続している点を挙げている[5]

2015年4月、これまで交流がなかった全日本空手道連盟と、空手のオリンピック種目入りを目指し、友好団体を結成する旨が発表された[6]

同年9月25日、空手の社会的地位向上とオリンピック種目化に向けてと題し、フルコンタクト空手6団体と友好団体となる。

2016年4月、同年6月に開催される全日本ウェイト制大会から組手ルールを大幅に改定することを発表した[7]

同年5月21日、昨年より友好団体となった全日本空手道連盟から講師を招聘し、講習会が本部直轄代官山道場にて実施される[8]

2017年4月、2015年に友好団体化が実現した全日本空手道連盟の強化選手選考会に同会館所属の高橋佑汰と上田幹雄が初めて出場した。今後は2020年東京オリンピック出場を目指すべく、オブザーバーとして全空連の強化合宿に参加することが決まった[9]

団体役員[編集]

  • 国際委員会委員・ピーター・チョン
  • 国際委員会委員・磯部清次
  • 国際委員会委員・五来克仁
  • 国際委員会委員・ケニー・ウーテンボガード

開催大会[編集]

主な選手(男子・女子)一覧[編集]

極真会館(松井派)の友好団体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「極真」を名乗る主な団体として、「極真会館 宗家」、「極真大山空手」、「新極真会」、「極真空手 清武会」、「極真連合会」、「極真会館松島派」、「極真会館 手塚グループ」、「極真館」、「極真会館浜井派」、「極真会館坂本派」、「世界総極真」、「極真拳武会」などが存在している(小規模な団体や海外も含めれば更に増加)。
  1. ^ 極真会館とは. “国際空手道連盟について”. 2016年12月24日閲覧。
  2. ^ 総本部道場. “日韓国交正常化50周年記念式典”. 2015年7月29日閲覧。
  3. ^ 一般財団法人国際空手道連盟極真会館の情報
  4. ^ 極真会館. “公式記録”. 2016年6月6日閲覧。
  5. ^ 極真会館. “新年を迎えて~ 2014年 松井館長より新年のご挨拶”. 2014年1月1日閲覧。
  6. ^ eFight【イーファイト】. “全空連と極真会館が五輪目指し歴史的握手”. 2015年4月16日閲覧。
  7. ^ eFight【イーファイト】. “大幅ルール改正、松井館長「より実戦的な空手でクオリティの高い競技を」”. 2016年4月18日閲覧。
  8. ^ 極真会館. “全日本空手道連盟より講師を招き第1回講習会を実施”. 2016年5月21日閲覧。
  9. ^ 共同通信47NEWS. “全空連、男子組手の五明らを選出 強化選手選考会”. 2017年4月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]