田中健太郎 (空手家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 健太郎(たなか けんたろう、男性1981年昭和56年)3月29日 - )は、日本空手家神奈川県出身。極真空手を経て、現在は至誠空手道場の館長である。

略歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身。

14歳のときに極真会館(松井派)横浜港南支部に入門。

2003年、若干22歳で川崎中原支部の支部長に就任。

2004年、2009年には極真会館(松井派)主催の全日本空手道選手権大会優勝するなど選手としても活躍[1][2]

現在は、後進の指導にあたる傍ら、真の空手道を探求している。

成績(松井派主催)[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【極真会館】田中健太郎が日本の牙城を守る!ナヴァロを下して5年ぶり2度目の全日本制覇 - GBR 格闘技ウェブマガジン 2009年11月22日
  2. ^ 田中健太郎/極真会館「最強の空手家の侘しい食卓」”. Number Web - ナンバー (2010年11月10日). 2018年9月11日閲覧。

外部リンク[編集]