鎌田翔平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鎌田 翔平
個人情報
生誕名 鎌田 翔平
フルネーム Shōhei Kamada
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1987-05-28) 1987年5月28日(31歳)
日本の旗 日本富山県
身長 186 cm (6 ft 1 in)
体重 95 kg (209 lb)
スポーツ
競技 極真カラテ
種目 フルコンタクト(組手)

鎌田 翔平(かまだ しょうへい、男性、1987年5月28日 - )は、日本空手家極真空手参段)。富山県出身。国際空手道連盟 極真会館(館長・松井章奎)東京城西支部所属[1]。得意技は上段内回し蹴り。

来歴[編集]

富山県高岡市出身。

小学校1年生の時に武道経験者の父と松濤館空手を習い始める。

K-1でのフランシスコ・フィリォ選手の活躍やピーター・アーツ選手の豪快なKOをテレビで観て格闘家になる事を決意する。

小学校6年生の時に松濤館空手を辞め、極真会館富山支部(大島道場)へ入門。

高校2年生の時に全日本青少年大会で3位入賞。

20歳で上京。名門・極真会館東京城西支部(支部長・山田雅稔)へ移籍する。

先輩の森善十朗、後輩の小林大起と切磋琢磨し、第41回全日本大会で敢闘賞、第42回全日本大会で8位入賞、第10回世界大会日本代表、第5回全世界ウェイト制・軽重量級準優勝と着実にキャリアを積んでいく。そして、全日本ウェイト制(第31回・第33回大会)・重量級にて悲願の優勝を果たす[2]

2016年、新たに改定されたI.K.O.ルール[3]の下で開催された第48回全日本大会で初優勝を飾った。ちなみに東京城西支部から全日本王者が誕生したのは、第24回全日本で優勝した田村悦宏[注釈 1]以来、24年ぶり[4]

2017年4月に開催された第6回全世界ウェイト制大会において、重量級の部で優勝。これで昨年の全日本ウェイト制・全日本無差別に続いて負け知らずの3連勝である[5]

主な戦績(松井派主催)[編集]

  • 2004年 第10回全日本青少年大会 高校重量級の部 3位
  • 2005年 城西カップ 高校生の部 優勝
  • 2006年 富士山杯一般上級重量の部 3位
  • 2007年 第7回福井県大会 優勝
  • 2007年 全日本ウェイト制軽重級 出場
  • 2007年 関東錬成大会 重量級 準優勝
  • 2008年 西関東地区全日本ウェイト制選抜大会重量級 準優勝
  • 2008年 全日本ウェイト制重量級 ベスト8
  • 2008年 全関東大会 4位
  • 2010年 第42回全日本大会 8位入賞
  • 2011年 第10回世界大会 日本代表
  • 2012年 第29回全日本ウェイト制大会 軽重量級 準優勝
  • 2013年 第5回全世界ウェイト制大会 軽重量級 準優勝
  • 2014年 第31回全日本ウェイト制大会 重量級 優勝
  • 2015年 第11回世界大会 日本代表
  • 2016年 第33回全日本ウェイト制大会 重量級 優勝(2度目)
  • 2016年 第48回全日本大会 優勝
  • 2017年 第6回全世界ウェイト制大会 重量級 優勝
  • 2017年 第49回全日本大会 準優勝
  • 2018年 第50回全日本大会 準優勝

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1965年(昭和40年)6月14日生まれ。東京都世田谷区出身。城西三軒茶屋支部所属。第8・9回オープントーナメント全日本ウェイト制空手道選手権大会重量級 優勝。第21・25・30回オープントーナメント全日本空手道選手権大会準優勝(30回は松井派主催)。第24回全日本選手権 優勝。第5・6・7回オープントーナメント全世界空手道選手権大会代表(6・7回は松井派主催)。現在は、極真会館松井派湘南支部長である。
  1. ^ 極真会館インフォメーション. “鎌田翔平 選手の言葉”. 2013年8月14日閲覧。
  2. ^ eFight 【イーファイト】. “【極真会館】重量級は鎌田が高橋破り2度目の優勝、改定ルールでの波乱あり”. 2016年6月5日閲覧。
  3. ^ 国際空手道連盟・試合規則改定の概要説明と模範演武
  4. ^ eFight 【イーファイト】. “【極真会館】11年ぶり日本人同士の決勝を鎌田が上段回し蹴りで制して初優勝”. 2016年11月6日閲覧。
  5. ^ eFight 【イーファイト】. “【極真会館】日本が3階級で優勝、重量級は全日本王者・鎌田が制す”. 2017年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]