東京都都民安全推進本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都の行政機関
都民安全推進本部
とみんあんぜんすいしんほんぶ
Office for Promotion of Citizen Safety
Flag of Tokyo Prefecture.svg
本部が入る東京都庁舎第1本庁舎
本部が入る東京都庁舎第1本庁舎
役職
本部長 國枝治男
組織
所属局 政策企画局
総合推進部 総務課
都民安全推進課
治安対策課
交通安全課
若年支援課
概要
所在地 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 東京都庁舎第1本庁舎内
定員 44名(平成30年度現在)
設置 2005年8月1日
ウェブサイト
東京都都民安全推進本部
テンプレートを表示

東京都都民安全推進本部(とうきょうととみんあんぜんすいしんほんぶ、: Office for Promotion of Citizen Safety, Tokyo Metropolitan Government)は、東京都庁部局のひとつ。都民が安全安心を実感できるセーフシティの実現に向けて「都民安全・治安対策」「交通安全」「若年支援」の各施策に取り組む[1]

2005年8月1日警察庁で局長や長官官房監察官を務めた竹花豊が、石原慎太郎知事の下、自身が本部長を務める「緊急治安対策本部」と「青少年育成総合対策推進本部」、及び生活文化局都民生活部の一部を統合して、青少年・治安対策本部が発足。下記業務の他に「こころの東京革命」運動を推進。2010年には、漫画やアニメを非実在青少年として規制する東京都青少年の健全な育成に関する条例改正を推進したが、漫画家や出版社などから強い反発を受け、社会問題となった[2][3][4]

2019年4月1日、前身の青少年・治安対策本部で所管していた業務の一部を保健福祉局生活文化局に移管し、規模を縮小し、名称を変更した。

業務[編集]

青少年育成[編集]

青少年の健全な育成を目的に、引きこもりニート対策、非行少年の立ち直り支援、通学路の安全対策、不健全図書類の規制、インターネット上の有害情報対策などを扱う。

治安対策[編集]

振り込め詐欺対策や不法滞在外国人対策、落書き消去活動の支援を行っている。また、2004年より「歌舞伎町浄化作戦」が展開され、歌舞伎町で営業する違法な風俗店および客引き等の取締りが定期的に実施された。

交通安全[編集]

飲酒運転交通事故防止、暴走族対策、渋滞対策等を行っている。渋滞対策では、「スムーズ東京21拡大作戦」から「ハイパースムーズ作戦」と名称を変えながらも、交差点道路施設の改良や信号制御の高度化などハード・ソフト両方を組合わせ渋滞の解消を図る施策を実施している。


組織[編集]

本部長は警察庁からキャリアの警察官僚が出向。

  • 本部長(警視監級が出向する)
    • 総合推進部
      • 総務課
      • 都民安全推進課
      • 治安対策課
      • 交通安全課
      • 若年支援課

マスコットキャラクター[編集]

  • のんぴー(スムーズ東京21拡大作戦)(終了)
  • ハイパー星人ススムくん(ハイパースムーズ作戦)
  • みまもりぃぬ

組織再編[編集]

2019年4月、東京都は引きこもり対策に力を入れるため、青少年・治安対策本部を「東京都都民安全対策本部」に名称変更した。それまで青少年・治安対策本部が引きこもり対策を担当していたが、引きこもり問題が深刻化していることから、福祉保健局に同問題の部署を移管。他にも青少年対策の一部が生活文化局に移管された。これにより青少年・治安対策本部は80人規模から60~70人規模に縮小されることなった[5]

脚注[編集]

  1. ^ 東京都都民安全推進本部公式ページ 当本部について
  2. ^ 『東京都、「非実在青少年」に関する条例案の解釈など見解を発表』(INTERNET Watch 2010年3月18日)
  3. ^ 『「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感』(ITmedia NEWS 2010年03月15日)
  4. ^ 『 ゼロから分かる東京都青少年健全育成条例改正問題 第5回 呉智英氏、保坂展人氏ら都条例シンポに登壇 『非実在犯罪規制』を語る 漫画の中で犯罪を表現したらアウト!?』(ASCII.jp×デジタル 2010年12月13日)
  5. ^ 『東京)4月から組織再編、住宅政策本部を設置へ』(2019年1月5日 朝日新聞)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]