東京都青少年・治安対策本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都の行政官庁
東京都青少年・治安対策本部
役職
本部長 大澤 裕之
組織
総合対策部 総務課、青少年課、治安対策課、安全・安心まちづくり課、交通安全課
概要
所在地 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 東京都庁舎第1本庁舎内
定員 44名(平成29年度現在)
設置 2005年8月1日
ウェブサイト
東京都青少年・治安対策本部
テンプレートを表示

東京都青少年・治安対策本部(とうきょうとせいしょうねん・ちあんたいさくほんぶ、英称:Tokyo Metropolitan Government Office for Youth Affairs and Public Safety)は、東京都民が安全、安心に暮らせるための各種施策を取り扱う部局である。組織上は政策企画局に属する。

業務[編集]

警察庁で局長や長官官房監察官を務めた竹花豊が、石原慎太郎知事の下、自身が本部長を務める「緊急治安対策本部」と「青少年育成総合対策推進本部」、及び生活文化局都民生活部の一部を統合し2005年8月1日発足。

青少年育成[編集]

青少年の健全な育成を目的に、引きこもりニート対策、非行少年の立ち直り支援、通学路の安全対策、不健全図書類の規制、インターネット上の有害情報対策などを扱う。

治安対策[編集]

振り込め詐欺対策や不法滞在外国人対策、落書き消去活動の支援を行っている。また、2004年より「歌舞伎町浄化作戦」が展開され、歌舞伎町で営業する違法な風俗店および客引き等の取締りが定期的に実施された。

交通安全[編集]

飲酒運転交通事故防止、暴走族対策、渋滞対策等を行っている。渋滞対策では、「スムーズ東京21拡大作戦」から「ハイパースムーズ作戦」と名称を変えながらも、交差点道路施設の改良や信号制御の高度化などハード・ソフト両方を組合わせ渋滞の解消を図る施策を実施している。

組織[編集]

本部長は警察庁からキャリアの警察官僚が出向。

  • 本部長(警視長級が出向する)
    • 総合対策部
      • 総務課
      • 青少年課
      • 治安対策課
      • 安全・安心まちづくり課
      • 交通安全課(2012年9月に提案が出された「東京都民が所有する自転車へのナンバープレート交付と装備義務付け」はこの課が発案したが、取り下げられた)

マスコットキャラクター[編集]

  • のんぴー(スムーズ東京21拡大作戦)(終了)
  • ハイパー星人ススムくん(ハイパースムーズ作戦)
  • みまもりぃぬ

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]