暗闇へのワルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

暗闇へのワルツ』(くらやみへのワルツ、Waltz into Darkness)は、アメリカ合衆国の作家コーネル・ウールリッチがウィリアム・アイリッシュ名義1947年に発表したサスペンス小説[1]

この作品を原作として、フランソワ・トリュフォー監督の1969年の映画暗くなるまでこの恋を (La Sirène du Mississipi)』、マイケル・クリストファー監督の2001年の映画ポワゾン (Original Sin)』が制作された[1]

フランス語には、ジョルジュ・ベルモントフランス語版により『La Sirène du Mississippi』という表題(「ミシシッピ川セイレーン/人魚」の意)で翻訳され、1950年ガリマール出版社から出版された[2]。トリュフォー監督の1968年の映画夜霧の恋人たち (Baisers volés)』の中には、主人公がこの本を読んでいる場面がある。

日本語では、高橋豊による翻訳があり、1958年早川書房の「世界探偵小説全集」の1冊として出版され[3]、後に1976年には「ハヤカワ・ミステリ文庫」に入った[4]

あらすじ[編集]

ルイスは、通信交際会を介して手紙をやり取りしていた、写真だけでその姿を知るジュリアと結婚することになっていた。ジュリアの乗る船がニューオーリンズに到着した日、ルイスは乗客の中に彼女を見つけることができなかった。多くの人が行き交う中、必死に彼女を探していたルイスは、ひとりの美女と出会う。...[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b デジタル大辞泉プラス『暗闇へのワルツ』 - コトバンク
  2. ^ WILLIAM IRISH La Sirène du Mississippi”. Éditions Gallimard. 2019年10月10日閲覧。
  3. ^ 暗闇へのワルツ (世界探偵小説全集)”. 国立国会図書館. 2019年10月9日閲覧。
  4. ^ 暗闇へのワルツ (ハヤカワ・ミステリ文庫)”. 国立国会図書館. 2019年10月9日閲覧。
  5. ^ 暗闇へのワルツ”. ミステリー・推理小説データ・ベース Aga-Search. 2019年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]