早川智寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
早川 智寛
生年月日 1844年9月6日
出生地 小倉藩(現・福岡県
没年月日 (1918-01-22) 1918年1月22日(73歳没)
死没地 宮城県仙台市
前職 官吏実業家建設業

在任期間 1903年(明治36年)4月2日 - 1907年(明治40年)7月1日
テンプレートを表示

早川 智寛(はやかわ ともひろ(ちかん)、天保15年7月24日1844年9月6日) - 大正7年(1918年1月22日)は、日本武士官吏実業家政治家

経歴[編集]

小倉藩(現在の福岡県)に、藩士・早川慶兵衛の長男として生まれた。慶兵衛は72人扶持目付役という軽輩だった[1]

長崎へ遊学、数学や外国語を学んだ[2]1873年明治6年)に土木寮の官吏となった。

1878年(明治11年)、野蒜築港内務省土木局出張所(宮城県牡鹿郡蛇田村高屋敷)主任として赴任した。1880年(明治13年)、宮城県土木課長に就任。1882年(明治15年)落成の仙台警察署の庁舎を設計した。1883年(明治16年)には貞山運河(宮城県)の改修を行ったが、舟入堀、新堀、木曳堀の各堀を総称して「貞山運河(貞山堀)」と初めて命名したのは早川であった。

1887年(明治20年)、官吏の職を離れて、早川組を設立、東北地方北海道[3]で土木事業を行うなどして財を成した。1891年(明治24年)、仙台商工会議所の初代会頭に就任、在任中には仙台-山形間の鉄道建設を政府に請願するなど努力した[4]1898年(明治31年)、国立銀行から株式会社に転換した七十七銀行(仙台市)の監査役に就任したが、このとき同銀行の専務取締役に就任したのは、後に第4代仙台市長となる和達孚嘉であった[5]

1903年(明治36年)、早川は第3代仙台市長に就任。日露戦争期を跨いで、1907年(明治40年)まで務めた。

早川は、邸宅を宮城郡七郷村南小泉字鍛冶屋敷(現・仙台市若林区一本杉町)に構えた。また、評定河原(現・仙台市青葉区花壇)に、「早川牧場」および「早川農場」を建設した[6][7]。「早川牛乳」は、明治期から販売されていたという[8]

1910年(明治43年)2月24日藍綬褒章受章[9]1918年(大正7年)1月22日に病死。仙台市若林区新寺の松音寺には、早川の墓所と記念碑がある。

家族[編集]

妻・長子は、美濃大垣藩主であった大垣戸田家の出身であり、息子は、「企業再建の神様」と呼ばれた早川種三である。また、早川家はソニーの創業者・盛田昭夫の一族との姻戚関係にあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 私の履歴書 昭和の経営者群像①』 (日本経済新聞社 1992年) 225頁
  2. ^ 私の履歴書 昭和の経営者群像①』 (日本経済新聞社 1992年) 226頁
  3. ^ 明治24年の鉄道・函館本線建設の請負など
  4. ^ 商都仙台400年 (PDF) (宮城建人 『七十七ビジネス情報』 2006年秋号)
  5. ^ 郷土が生んだ日銀総裁-富田鐵之助伝 シリーズ・先人に学ぶ 『七十七ビジネス情報』 第30号、七十七ビジネス振興財団ホームページ、2010年4月26日閲覧
  6. ^ 花壇に牧場と動物園があったころ 広瀬川ホームページ (仙台市建設局百年の杜推進部河川課広瀬川創生室)、2010年4月26日閲覧
  7. ^ 評定河原球場 (PDF) (『せんだい寸景』 2006年12月)
  8. ^ 早川牛乳漂流乳業
  9. ^ 『官報』第8037号、明治43年4月11日。