鈴木幸治 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 幸治(すずき こうじ、1916年大正5年)6月19日[1][2] - 1998年平成10年)3月6日[2])は、日本政治家宮城県泉市(現・仙台市)長。

来歴[編集]

宮城県宮城郡根白石村(のち泉村→泉町→泉市、現・仙台市)出身[3]。鈴木兵治・はるの長男[1]1935年、宮城県農学校(のち宮城県農業短期大学)卒[4]。同年、宮城県公立青年学校教員[4]1938年、根白石村農業技手[4]1939年から3年間、歩兵第4連隊に入隊する[4]。除隊後は根白石村に戻り、農会に勤務する[4]。戦後は根白石村農業協同組合理事、同農地委員長などを務め、1951年、根白石村議会議員に当選[4]。根白石村は1955年に合併で泉村となり、泉村議会議員となる[4]1956年、泉村助役、翌1957年、町制施行により、泉町助役となる[4]1967年、泉町長に当選。1971年の市制施行に伴い、泉市長となる[4]。泉市長を1988年に仙台市と合併するまで4期17年務めた[3]。合併後は仙台市顧問となった[3]。同年、勲三等瑞宝章を受章。1998年死去。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 人事興信所 1975, す86頁.
  2. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、663頁。
  3. ^ a b c 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』282頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、364頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所 編 『人事興信録 第28版 上』人事興信所、1975年。 
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。