山田揆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山田 揆一
やまだ きいち
Yamada Kiichi.jpg
生年月日 1847年
出生地 陸奥国 (現在の岩手県
没年月日 1923年(大正12年)1月5日

在任期間 1915年5月25日 - 1919年5月24日
テンプレートを表示

山田 揆一(やまだ きいち、弘化4年(1847年) - 大正12年(1923年1月5日)は、大正時代仙台市長を務めた人物である。

略歴[編集]

陸奥国一関(現在の岩手県)に、藩士・櫻岡頼純の4子として生まれた[1]官吏となり、宮城県収税長[2]熊本県税務管理局長・司税官[3]宮城県書記官、北海道内務部長などを歴任の後、1915年(大正4年)から1919年(大正8年)まで、仙台市長を務めた。

仙台市青葉区にある宮城県知事公館の土地・建物は、もともと伊達家家臣の邸宅だったものであるが、明治維新後の1868年(明治元年)、山田が購入した[4][5]。また、山田は1917年(大正6年)、仙台に関する総覧『仙台叢書』の別冊、『仙台物産沿革』を編集した。

脚注[編集]

  1. ^ 戊辰の役弔魂碑 瑞鳳殿ガイド日誌
  2. ^ 1887年(明治20年)、山田は『仙台藩租税要略』を著している
  3. ^ 1898、1899年(明治31、32年)に熊本税務管理局長・司税官として山田揆一の記録がある
  4. ^ 宮城県知事公館 見学のしおり 宮城県
  5. ^ 知事公館年表 宮城県、2010年5月2日閲覧