里見良顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
里見 良顕
さとみ よしあき
Satomi Yoshiaki.jpg
生年月日 1852年
出生地 仙台藩
没年月日 1934年9月14日(満81歳没)
死没地 台湾

在任期間 1898年4月8日 - 1903年3月13日

テンプレートを表示

里見 良顕(さとみ よしあき、嘉永5年(1852年)-昭和9年(1934年)9月14日[1])は、明治時代の仙台市長を務めるなどした官吏である。

1889年明治22年)、初代・仙台市長遠藤庸治のもとで助役を務めた[2]1898年明治31年)、第2代・仙台市長に就任し、1903年(明治36年)に辞職した[3]。その後は台湾総督府総督官房文書課・秘書課に赴任し[4]大正5年(1916年)まで職員として勤務した。

父は儒者であり仙台藩校養賢堂助教の里見良恭(里見樵洞)[5][6]、仙台藩士の詩歌人、里見重時[7]の後裔。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の歴代市長 第1巻』 歴代知事編纂会、1983年。
  2. ^ 商都仙台400年 宮城建人 『七十七ビジネス情報』 2006年秋号
  3. ^ 歴代市長 仙台市、2010年5月2日閲覧
  4. ^ 臺灣總督府職員錄系統 中央研究院台湾史研究所 台湾総督府職員録データベース
  5. ^ 仙台人名大辞書 里見良恭 菊田定郷 昭和8年(1933年)
  6. ^ 江巖寺墓地に眠る著名人 微笑山江巖寺
  7. ^ 仙台人名大辞書 里見重時 菊田定郷 昭和8年(1933年)